左豆状骨骨折、関節打撲の増額事例

更新日:

14

左豆状骨骨折
関節打撲

50代男性会社員

傷病名:左豆状骨骨折、左肩関節打撲、左肘関節打撲、左手関節打撲、左膝関節打撲

後遺障害等級:14級6号

最終回収金額:274万円

115万円増額! 159万円 274万円

弁護士費用特約があれば弁護士費用が差し引かれる心配なく、手取り額の大幅な増額に期待ができます。

ご相談から2か月でのスピード解決!

12か月 2か月
事故発生 弁護士依頼
示談交渉開始
示談成立

相手方の提示額の妥当性について、どのポイントを主張して増額を達成したか解説しています。

担当弁護士のコメント

大阪支部浦田忠興弁護士

事件番号:大2016-001

今回のケースでは、ご相談の段階で後遺障害等級が既に認定済でしたが、慰謝料などの金額に増額の余地がありました。
当初の提示額は、159万円でしたが、適正な補償額まで増額されるよう弁護士が交渉した結果、後遺障害等級は14級のままであるにも関わらず、最終的な受取金額は274万円まで増額されました。

アトムに寄せられたお客様の声

この度は、最後まで先生方にお任せいたしましてご尽力いただきありがとうございます。本当に感謝しか御座いません。何度も何度も粘り強く交渉して頂いた事だと思います。身体の面では不安は残るものの、成瀬先生のおかげで大変な満足以上の事をして頂いたおかげで気持ちを切り替えて仕事に励んで行く事が出来ると思います。...

※当ページの事件とは別のお客様の声です

関連した上肢の解決実績をみる

関連した14級の解決実績をみる

他の解決実績をさがす

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

第二東京弁護士会所属。アトム法律事務所は、誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応することを使命とする弁護士事務所です。国内主要都市に支部を構える全国体制の弁護士法人、年中無休24時間体制での運営、電話・LINEに対応した無料相談窓口の広さで、迅速な対応を可能としています。