等級別の慰謝料(8級~14級)

後遺障害等級12級の慰謝料(具体例)

交通事故で12級の後遺障害が残る場合は比較的多いみたいです。

12級の後遺障害の種類と慰謝料の相場について、弁護士さんから教えてもらいました。

12級の後遺障害の種類は!?

12級の後遺障害の特徴を教えてください。

交通事故の後遺障害の中でも12級は最も件数の多い等級の一つだね。特に、関節機能障害、長管骨の変形、神経症状で認定される例が多いよ。

専門用語が多くて難しいですね。

12級の後遺障害の種類としては、眼・口・耳・体幹骨・指・神経・外貌の障害があるようです。12級の労働能力喪失率は14%とされていて、通常の就労は可能で、職種制限も生じないけれど、時には労務に支障が生じることもある程度だそうです。

12級の後遺障害のなかでも、局部に頑固な神経症状を残す障害の事例が多いようです。交通事故のむちうち症や打撲などで、治療完了後も幹部に痛みが残り、画像診断や神経学的検査の結果、痛みの原因を医学的に証明できる場合には、12級として認めてもらえるとのことです。

<12級の後遺障害と認定基準>

 

内容

認定基準補足

1眼の眼球に著しい調節機能障害または運動障害を残す

●眼球の調節力が通常の場合の2分の1以下になった
●眼球の注視野の広さが2分の1以下になった

1眼のまぶたに著しい運動障害を残す

●開瞼時に瞳孔領を完全に覆う
●閉瞼時に角膜を完全に覆い得ない

7歯以上に対し歯科補綴を加えた

 

1耳の耳殻の大部分を欠損した

 

体幹骨

鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨、または骨盤骨に著しい変形を残す

裸体になったとき、変形・欠損が明らかに分かる程度のものをいい、X線写真等で初めて発見できるものは除く

上肢・下肢

1上肢の三大関節中の1関節の機能に障害を残すもの

関節の可動域が健側の3/4以下に制限されているもの

1下肢の三大関節中の1関節の機能に障害を残すもの

長管骨に変形を残すもの

上肢:上腕骨、橈骨、尺骨の変形
下肢:大腿骨、脛骨、腓骨の変形

手指

1手のこ指を失った

 

1手のひとさし指、なか指またはくすり指の用を廃した

 

足指

1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったものまたは第3の足指以下の3の足指を失ったもの

 

1足の第1の足指または他の4の足指の用を廃した

 

神経

局部に頑固な神経症状を残すもの

神経系統の障害が他覚的に証明される場合

外貌

外貌に醜状を残すもの

以下のもので人目につく程度以上のもの
●頭部の鶏卵大面以上の瘢痕または頭蓋骨の鶏卵大面以上の欠損
●顔面部の10円銅貨大以上の瘢痕または長さ3cm以上の線状痕
●頸部の鶏卵大面以上の瘢痕

その他

うつ病・統合失調症などの非器質性精神障害

 

むちうち症で12級を獲得するためには!?

むちうち症を12級として認めてもらえることはあるんですか?

MRI画像などでヘルニア病変がくっきり写っていれば12級の可能性はあるね。

なるべく早くMRIは撮っておいた方がいいですね。

追突事故にあった場合に、首や腰などにむちうち症状が残ることがあります。むちうち症で12級を認定してもらうためのポイントを教えてもらいました。

むちうち症で12級に認定してもらうためには、MRI画像などで、神経組織を圧迫する外傷性の病変(椎間板ヘルニアなど)を明確に捉えられることが必要だそうです。

神経を圧迫する病変が外傷性のものであることを画像上明らかにするためには、事故直後のMRI検査を実施することが望ましいとのこと。

事故直後であれば、椎間板ヘルニアの水分量などをMRI画像が捉えていれば、新鮮なヘルニアとして加齢によるものではなく、外傷性のものと判断され易いらしいです。

また、精度の高い神経学的検査を実施してもらい、自覚症状である痛みやしびれと、病変により圧迫された神経の支配領域とが一致することを確認しておくべきだとのこと。

さらに、主治医に神経症状が外傷性由来のものであることを、後遺障害診断書に根拠とともに記載したもらうことも大切なんだそうです。

(まとめ表)

早期のレントゲン・MRI検査の実施

事故直後のMRI画像で、新鮮なヘルニア病変が確認できれば、事故との因果関係が認められる可能性が高まる。

神経学的検査の実施

精度の高い神経学的検査を受けることで、一貫性のある神経学的異常所見を明らかにする。

適切な後遺障害診断書の入手

主治医に、外傷性の病変であることと、そのように診断した根拠を診断書に記載してもらう。

また、むちうち症で12級に認定されることの多いものが、椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアの多くは、加齢に伴って生じるものがほとんどなので、事故と後遺障害との因果関係が争われることがあるそうです。

事故態様、症状の推移、事故前の症状、年齢、画像所見などを総合判断して因果関係が判断されるようなので、有利な資料を収集しておくことが大切ですね。

 

因果関係の積極事情

因果関係の消極事情

事故態様

事故の衝撃が大きい

事故の衝撃が小さい

症状の推移

事故直後に神経症状が出ている

事故から相当期間経過後に神経症状が発生

事故以前の症状

なし

あり

年齢

30代以下

40代以上

MRI画像所見

神経症状に対応する椎間板以外には病変なし

他の部分の椎間板にも多数の病変あり

医師の診断書

事故が原因の外傷性ヘルニアとの診断あり

診断書上は事故との因果関係が不明

12級の慰謝料の相場は!?

12級の相場水準の慰謝料を払ってもらうにはどうすればいいですか!?

12級に無事に認定されれば弁護士に依頼すれば、慰謝料相場を払ってもらえることが多いよ。問題は、うまく12級に認定してもらえるように弁護士のサポートを受けられるかどうかだね。

とりあえずサポートできるかも含めて弁護士に無料相談してみるといいですね。

12級の後遺障害を認めてもらえた場合、保険会社に後遺障害の慰謝料を請求することができるようです。12級の後遺障害慰謝料の相場は290万円とのこと。

交通事故の損害賠償では、これだけでなく、休業損害、怪我に対する慰謝料、逸失利益なども含まれるので、12級の場合、最終的な請求額は1000万円近くになることも多いようです。

この程度の金額を保険会社に請求する場合には、弁護士を選任したほうが経済的なメリットが大きいのが通常です。後遺障害の慰謝料だけでみても、弁護士を通じて保険会社と交渉するだけで、慰謝料が2倍以上にアップすることが分かります。

アトム法律事務所では、交通事故の知識や経験が豊富な弁護士が所属していて、迅速かつ丁寧な対応が期待できるようです。また、24時間365日でLINEから弁護士に質問を送れるので、何でも気軽に相談できるのがメリットですね。

(まとめ表)

 

12級の後遺障害慰謝料

自賠責基準

93万円

任意保険基準

100万円

弁護士基準

290万円

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

アトムの示談金の増額実績

無料出張相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

無料出張相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の無料出張相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、無料出張相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。
アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご紹介

アトム法律事務所は、交通事故の被害者側の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です。

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談