等級別の慰謝料(1級~7級)

後遺障害等級2級の慰謝料(具体例)

交通事故で重傷にあい、治療のかいなく2級の後遺障害・後遺症を負ってしまった場合、慰謝料をどの程度請求できるのか、後遺障害の種類ごとに調査してみました。

随時介護が必要であれば2級になる!?

2級の後遺障害と認定してもらえる基準は何ですか?

随時介護が必要な状態になると2級の後遺障害に認定されるよ。高次脳機能障害で2級に認定されることが多いね。

随時の介護が分かりにくいですが、他人の支えなしには生活できないってことですね。

交通事故の後遺障害の認定にあたっては、原則として障害の残った部位や程度によって等級が判断されます。しかし、1級と2級の場合は例外的に、介護の必要性の程度によって等級が判断されるそうです。

神経、精神、胸腹部の機能に著しい障害を残し、随時介護を要する状態の場合には、2級の後遺障害が認められます。

食事・入浴・用便・更衣等の身の回りの処理に随時介護を要する場合だけでなく、認知症により随時監視を要する場合や、外出時に限って介護を要する場合も含まれるみたいです。

この類型の2級の後遺障害に当たる例として最も多いのが高次脳機能障害だそうです。高次脳機能障害とは、外見上は一般人と変わらないものの、脳損傷が原因で人格が以前と変わり、記憶力が乏しくなるなどの症状があり、症状の程度によって等級も変わってきます。

高次脳機能障害以外の場合でも、記憶障害や行動判断能力の障害などにより、随時介護が必要な場合も2級に当てはまるようです。

<別表第1の2級の後遺障害>

概要

神経系統・胸腹部の機能または精神に
著しい障害を残し、
随時介護を要するもの

認定基準

生命維持に必要な身のまわりの処理の動作について、随時他人の介護を要する状態

●食事・入浴・用便・更衣等の随時介護

●高度の認知症・情意の荒廃で随時監視を要する場合

●自宅内の日常生活は可能だが、外出時に他人の介護を要する場合

高次脳機能障害

著しい判断力の低下や情動の不安定などがあって、1人で外出することができず、日常の生活範囲は自宅内に限定されている。身体動作的には排泄、食事などの活動を行うことができても、生命維持に必要な身辺動作に、家族からの声かけや看視を欠かすことができない

脊髄障害

●中等度の四肢麻痺

●軽度の四肢麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等の随時介護を要する

●中等度の対麻痺であって、食事・入浴・用便・更衣等の随時介護を要する

呼吸器

以下のいずれかに該当し、随時介護を要する

●動脈血酸素分圧が50Torr以下

●動脈血酸素分圧が50Torrを超え60Torr以下で動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲を逸脱する。

●スパイロメトリーの結果が%1秒量≦35または%肺活量≦40であり、呼吸困難のため連続して100m以上歩けない

その他

●記憶障害・遂行機能障害・自発性低下

●記銘力障害・行動判断力の障害・見当識障害

どういう後遺症が2級になるの!?

どういう症状があれば2級になるんですか?

随時の介護が必要とまではいえなくても、失明や両手の切断などがあれば、2級と認めてくれることがあるよ。

両手の切断!?失明!?被害者の苦痛は想像を絶しますね。

介護の必要性で等級を判断する場合とは別に、どこの部位にどの程度の後遺障害が残れば、2級と判断してもらえるのでしょうか!?

まず、眼の後遺障害でいえば、片眼が失明し、もう一方の矯正視力が0.02以下になった場合か、両眼ともに矯正視力が0.02以下になった場合が2級に当たります。

また、両腕を手関節以上で失った場合や、両脚を足関節以上で失った場合にも、2級に当てはまるそうです。

随時の介護が必要かどうかについては評価が分かれる場合でも、形式的にこれらの要件を満たせば2級と判断してもらえるとのことです。

<別表第2の1級の後遺障害>

 

概要

認定基準

眼の障害

1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの

●失明とは以下の場合
a眼球を摘出したもの
b明暗を感じることが不可能または困難なもの
●視力は矯正後のもの

両眼の視力が0.02以下になったもの

上肢の障害

両腕を手関節以上で失ったもの

下肢の障害

両脚を足関節以上で失ったもの

2級の後遺障害慰謝料の相場は!?

2級の後遺障害の慰謝料相場はどれくらいですか!?

相場は2370万円だけど、被害者や家族が保険会社に請求してもこの金額を払ってもらえることはほとんどないんだよ。

2級の事例でさえ、保険会社は金額を値切ってくる世界なんですね。

2級の後遺障害が残った場合、生涯にわたって深刻な障害とともに生き続けなければならないので、加害者や保険会社からは相応の慰謝料を補償してもらわなければなりません。

2級の後遺障害慰謝料の基準は、自賠責基準任意保険基準弁護士基準の3種類があるといわれています。自賠責基準は、自賠責保険から給付される必要最小限の補償にすぎないので、以下の表のとおり低い水準となっているそうです。

一方、任意保険基準では、本来は法律上支払い義務のある慰謝料を支払うべき保険会社が、被害者との任意での示談交渉であることをいいことに、相場よりもかなり低い金額で慰謝料を提示しています。

裁判で認められる相場を示す弁護士基準では2級の慰謝料相場は2370万円とされていて、他の基準に比べて1000万円以上高い水準にあります。

弁護士基準での慰謝料を払ってもらうためには、弁護士に依頼した上で保険会社との交渉を行うことが必要不可欠らしいです。

弁護士に依頼すれば、本人だけで交渉する場合に比べて、慰謝料額だけでも1000万円もアップするというから、2級の後遺症事例では弁護士に相談して交渉を依頼する必要がありそうです。

アトム法律事務所では、LINEを利用した無料相談を行っていて、LINEに友だち登録すれば、24時間いつでもどんな内容でも気軽に弁護士に相談できるそうです。

(まとめ表)

 

2級の後遺障害慰謝料

自賠責基準

●別表第1の場合:1163万円(被扶養者がいるときは1333万円)

●別表第2の場合: 958万円(被扶養者がいるときは1128万円)

任意保険基準

1120万円(父母、配偶者、子のいずれかがいる場合は1400万円)

弁護士基準

2370万円

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

アトムの示談金の増額実績

無料出張相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

無料出張相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の無料出張相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、無料出張相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。
アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご紹介

アトム法律事務所は、交通事故の被害者側の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です。

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談