死亡事故の増額事例

更新日:

死亡事故

70代男性パート

傷病名:死亡事故

最終回収金額:3580万円

3580万円増額! 0円 3580万円

弁護士費用特約があれば弁護士費用が差し引かれる心配なく、手取り額の大幅な増額に期待ができます。

ご相談から18か月の弁護活動!

3か月 18か月
事故発生 弁護士依頼
示談交渉開始
和解成立

相手方の提示額の妥当性について、どのポイントを主張して増額を達成したか解説しています。

代表弁護士のコメント

代表岡野武志弁護士

事件番号:新2016-056

T字路の交差点に差し掛かった自動車が、優先道路を走っていた大型トラックと衝突し、自動車を運転していた男性が亡くなった事故です。
加害自動車が優先道路を走行していたため、被害男性の過失が8割も認められてしまうケースでした。
被害男性が加入していた任意保険に人身傷害特約が付帯されており、被害者側の過失分の損害を補償してもらえることが分かったため、アトムの弁護士が被害者側保険会社と交渉することになりました。
しかし、保険会社は被害者が事故当時、認知症の治療を受けていたことなどを主張し、保険金の支払いを事実上拒否する態度を示しました。
そこで、保険会社と加害者の双方を相手に民事裁判を起こした結果、当方の主張が認められ、総額3580万円で裁判上の和解が成立しました。
保険会社は、このように不合理な主張をしてくることがありますが、本件は弁護士のサポートが早期解決につながった事案でした。

アトムに寄せられたお客様の声

今回私が依頼した交通事故での後遺症障害で、相手保険会社から弁護士基準での満額回答に大変満足し、藤垣先生の弁護士としての依頼者への対応、親身になって相談を受けていただいたことに大変感謝しています。...

※当ページの事件とは別のお客様の声です

関連した死亡事故の解決実績をみる

他の解決実績をさがす

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。現在は「刑事事件」「交通事故」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

英語:TOEIC925点