足骨折の増額事例

更新日:

12

足骨折

60代男性会社員

傷病名:足骨折

後遺障害等級:12級7号

最終回収金額:600万円

2.4倍増額! 243万円 600万円

弁護士費用特約があれば弁護士費用が差し引かれる心配なく、手取り額の大幅な増額に期待ができます。

ご相談から2か月でのスピード解決!

11か月 2か月
事故発生 弁護士依頼
示談交渉開始
示談成立

相手方の提示額の妥当性について、どのポイントを主張して増額を達成したか解説しています。

担当弁護士のコメント

大阪支部川崎聡介弁護士

事件番号:大2017-077

今回のケースでは、ご相談の段階で後遺障害等級が既に認定済でしたが、慰謝料などの金額に増額の余地がありました。
当初の提示額は、243万円でしたが、適正な補償額まで増額されるよう弁護士が交渉した結果、後遺障害等級は12級のままであるにも関わらず、最終的な受取金額は600万円まで増額されました。

お客様の声

tegami

私が自転車、相手が自動車という形で事故にあい、約3カ月にわたりリハビリを含め入院治療を行ったのですが、この間、保険会社の提示は2:8の過失割合であり、医療費、休業補償、その他の金額の2割は私にあるということで、慰謝料に関しては無きに等しいと説明されていました。ただ、後に後遺障害は12等級に至るという保険会社よりの連絡によりどうなるのかと思い、これは弁護士さんに相談してみようという観点から、スマホで検索し、アトム法律事務所さんに連絡したところ、対応が素晴らしく、すぐに川崎先生より連絡があり、電話での相談を行うことができました。その際これまでの経過を説明すると、先生より私の場合240万程度の示談金ができると思うと言われました。後日保険会社から提示された金額はまさにその通りで信頼感を得た私は、すぐに面談を取り先生に方針に期待した上で交渉をお願いしたのですが、結果的に1ヶ月程度で保険会社提示額が約2倍に及ぶ示談金を得ることができました。思いもよらぬ額に驚くと共に感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました。

関連した下肢の解決実績をみる

関連した12級の解決実績をみる

他の解決実績をさがす

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

第二東京弁護士会所属。アトム法律事務所は、誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応することを使命とする弁護士事務所です。国内主要都市に支部を構える全国体制の弁護士法人、年中無休24時間体制での運営、電話・LINEに対応した無料相談窓口の広さで、迅速な対応を可能としています。