事故による後遺障害を負った依頼主が5ヶ月で示談金3倍に増額!

更新日:

事故による後遺障害を負った依頼主が5ヶ月で示談金3倍に増額! 事故による後遺障害を負った依頼主が5ヶ月で示談金3倍に増額!
会社員
会社員
(50歳)
傷病名:足小指骨折 後遺障害の内容:足小指の神経症状(14級9号) 後遺障害等級:14級

解決までの道のり

ご依頼者様は、事故により足の小指を骨折し、後遺障害の認定を受けられるのか、適正な示談金を得られるのか等の不安を抱き、アトム法律事務所に来所相談することにしました。

相談の結果、示談金の大幅な増額が見込まれることが分かったため、弁護士による後遺障害診断書作成のサポートと保険会社との示談交渉を依頼しました。

その結果、後遺障害申請手続きと弁護士による示談交渉を経て、依頼から5ヶ月で当初提示額の約3倍である2,885,705円まで大幅に増額しました。

ご依頼者様は、弁護士費用と既払い金を差し引いた200万円以上の手取り額で示談金を受け取れるという、満足度の高い解決となりました。

弁護活動のポイント

依頼者様がご来所されたときには、まだ後遺障害診断書の作成段階であったため、等級が認められるかがポイントになりました。

診断書作成にあたって、事前に弁護士が内容を確認し、医師に訂正・加筆を依頼したことで、充実した内容となったため、無事14級の認定を獲得することができました。

また、弁護士基準での示談の交渉を行い、依頼者様にとって納得のできる等級と示談金を無事獲得することができ、弁護士による後遺障害申請サポートの重要性を再確認できた例といえます。

アトムの弁護士による示談金の増額実績

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。現在は「刑事事件」「交通事故」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

英語:TOEIC925点