右脛骨開放骨折、右足関節可動域制限の増額事例

更新日:

11

右脛骨開放骨折
右足関節可動域制限

40代男性アルバイト

傷病名:右脛骨開放骨折、右脛骨開放骨折、右下腿知覚障害

後遺障害等級:併合11級

最終回収金額:590万円

177万増額! 413万円 590万円

弁護士費用特約があれば弁護士費用が差し引かれる心配なく、手取り額の大幅な増額に期待ができます。

ご相談から6か月の弁護活動!

21か月 6か月
事故発生 弁護士依頼
示談交渉開始
示談成立

相手方の提示額の妥当性について、どのポイントを主張して増額を達成したか解説しています。

担当弁護士のコメント

埼玉大宮支部藤垣圭介弁護士

事件番号:埼2017-048

今回のケースでは、ご相談の段階で後遺障害等級が既に認定済でしたが、慰謝料などの金額に増額の余地がありました。
当初の提示額は、413万円でしたが、適正な補償額まで増額されるよう弁護士が交渉した結果、後遺障害等級は11級のままであるにもかかわらず、最終的な受取金額は590万円まで増額されました。

アトムに寄せられたお客様の声

90歳の母が交通事故被害に遭い、加害者側の保険会社からは慰謝料等の支払明細が送られてきましたが、それが妥当なものなのか分からなかったのでそうだんさせていただきました。竹原先生には親身になってこちらの話をお聞きいただき、大変親切丁寧にご対応下さり本当に感謝しております。…

※当ページの事件とは別のお客様の声です

関連した下肢の解決実績をみる

関連した11級の解決実績をみる

他の解決実績をさがす

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。現在は「刑事事件」「交通事故」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

英語:TOEIC925点