通院した場合の慰謝料

通院5ヶ月の場合の通院慰謝料

交通事故の被害にあって、通院5ヶ月の治療をした場合の慰謝料について調査してみました。

また、事故後に加害者が暴言を吐いた場合の慰謝料への影響も教えてもらいました。

通院5ヶ月の怪我の通院慰謝料は!?

先生~、交通事故で5か月も通院したのに、保険会社から50万円しか慰謝料をもらえないことがあったそうです。

たしかに、通院5ヶ月の怪我の慰謝料は50万円では足りないね。でも、通院の頻度が月10日未満の場合は、慰謝料が減額される場合に当たらないか確認しておく必要があるね。

弁護士に相談して、通院頻度が問題ないか確認してみた方がいいですね。

交通事故で怪我をして通院5ヶ月の治療を行った場合、裁判で認められる弁護士基準で計算すると、通常の怪我の場合は105万円、むちうち症の場合は79万円の慰謝料が相場になるそうです。

これ以外に、自賠責基準と任意保険規準という低い基準がありますが、被害者はこの基準に惑わされず、弁護士基準での慰謝料の支払いを受けるべきだということでした。

(まとめ表)

 

通院5ヶ月の通院慰謝料
(実通院日数は50日間)

自賠責基準

42万円(日額4200円×50日×2)

任意保険基準

56万7000円

弁護士基準

105万円(通常)・79万円(むちうち症)

なお、これは5ヶ月の通院期間を慰謝料の算定基礎とした場合の基準ですが、例外的に通院期間を基準にできない場合があるといいます。

まず、怪我の内容がむちうち症の場合には、実通院日数の3倍を基準にして慰謝料を算定するようなので、通院が月に10日未満の場合には、慰謝料が減額されてしまう可能性があるとのことです。

むちうち以外の怪我の場合でも、通院が長期にわたり頻度が不規則な場合には、実通院日数の3.5倍を基準に慰謝料を算定するルールがあるそうです。

この他にも、怪我の内容や治療方法によって慰謝料の相場が変わることもあるので、できる限り多く慰謝料を払ってもらうようにするためには、保険会社任せにせず、弁護士に相談するのが重要とのことです。

通常の怪我の場合 通院が長期にわたり不規則な場合、実通院日数の3.5倍を基準に算定
むちうち症の場合 実通院日数の3倍を基準にして算定

事故後に加害者から暴言を吐かれた場合、通院慰謝料は増えるの!?

この前、交通事故の加害者が被害者に因縁をつけていて、すごく怖かったです。

加害者から暴言を吐かれたり、一方的な責任があるのに責任を否定された場合などは、慰謝料が加算されることがあるよ。

事故にあわされた被害者が、怖い思いまでさせられたのに、慰謝料が変わらないんじゃおかしいですもんね!

交通事故で通院5ヶ月を必要とする重傷を負わされたにもかかわらず、事故現場で加害者から不当な言動をされた上、責任まで否定されることがあります。

このような場合、通院期間が同じ場合でも、被害者の事故に対する不快感が増大し、苦痛も大きくなることが多いといいます。

裁判でも、事故直後に加害者が被害者に「どけや、くそがき」と罵倒するなどした事例で、相場に20%加算する慰謝料が認められた例があります。

また、事故直後に発言内容自体に不当性はないものの、加害者が被害者に怒ったような口調で言い寄った事例で、慰謝料相場より12%増額した例があります。

このような出来事があったことを被害者本人が保険会社に主張しても、ほとんど増額は認められないので、慰謝料を相場より増額してほしいという事情がある場合には、弁護士に相談することが必要です。

(まとめ表)

事例

慰謝料額

加害者の一方的な過失のある事故状況であるにもかかわらず、加害者は事故直後に「どけや、くそがき」などと罵倒して責任を否定し、裁判でも事故の存在を否定する主張や証言を行った事例 通院5ヶ月程度の相場(108万円)に20%加算し129万6000円が認められた。
重大な過失で、被害者に重傷を負わせた加害者が、事故直後に怒った口調で「どこを見て走っているんだ」などといい、責任を否定する主張をしたため、保険会社から治療費の支払いも止められた事例 入院7ヶ月・通院11ヶ月の相場(312万円)より12%加算し、350万円が認められた。

通院5ヶ月の交通事故に適した弁護士とは!?

交通事故を弁護士さんにお願いしたいんですが、正直どの弁護士がいいのか分からないです!

交通事故を取り扱い分野に掲げる弁護士の数が多すぎて選びにくいだろうけど、ウェブ上で有益な情報を発信している事務所であれば、ある程度の知識と経験はあるといえるね。

一度アトムのLINE相談を試してみます!

交通事故の被害者が、通院5ヶ月の怪我を負った場合、弁護士さんに相談したほうが良いことは分かったけど、ネットを調べてもたくさん弁護士さんがいるようです。

どういう弁護士がいいのかまとめてみました。まず、交通事故の示談交渉や裁判を依頼する場合、連絡対応が小まめで親身な弁護士さんがお勧めです。

事件の受任の段階でも、今後の事件の見通しを素人にも分かりやすい説明内容で伝えてもらえる弁護士が良いとのことです。

もちろん、交通事故について深い知識と豊富な経験を持っていることは大前提です。交通事故は、意外と専門的知識を必要とする分野なので、弁護士によっては十分な対応ができないこともあるそうです。

アトム法律事務所では、交通事故に関してLINEで無料相談を受け付けています。弁護士費用特約がついていれば、弁護士費用を保険会社に負担してもらえることも多いので、一度気軽に相談してみるといいでしょう。

(まとめ表)

 

良い弁護士

悪い弁護士

連絡対応 迅速で方法も適切 報告がほとんどされない
見通しの説明 明確で分かりやすい説明をリスクとともにはっきり説明する 見通しについてあいまいな説明しかせず、分かりにくい専門用語を多用する
交通事故分野の知識・経験 知識・経験が豊富でノウハウも蓄積されている 経験が乏しく、型にはまったマニュアル通りの主張しかできない
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

アトムの示談金の増額実績

無料出張相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

無料出張相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の無料出張相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、無料出張相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。
アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご紹介

アトム法律事務所は、交通事故の被害者側の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です。

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談