死亡事故の慰謝料の決まり方

死亡事故の慰謝料の基準は?

死亡事故の慰謝料は、一定の基準があるようですが、実際には様々な事情を考慮して慰謝料額が決められているようです。

その他の問題も含めて調査してみました。

死亡慰謝料の基準は!?

死亡事故の慰謝料額を決めるために、被害者や遺族がどれだけ悲しい思いをしたかを一々審査するんですか!?

死亡事故による苦痛の程度といっても、個人によって様々だから、家庭内での立場や事故の悲惨さなどの客観的な事情を踏まえて、慰謝料額が決められることが多いようだね。

そうしてもらわないと、遺族の怒りは収まらないです。

死亡事故の慰謝料は、 被害者本人の慰謝料遺族の固有の慰謝料によって構成されているそうです。慰謝料というからには、死亡事故によって本人と遺族が負った精神的苦痛や無念の思いをお金で評価することになるのでしょう。

それでは、個別の事故について、苦痛や無念を感じれば感じるほど、慰謝料の金額が上がっていくのかというとそうでもないらしいです。実際は、被害者本人の 家庭内での立場・役割によって、慰謝料の基準も変わるそうです。

被害者が 一家の支柱の場合は2800万円母親・配偶者の場合は2400万円というのが一般的な基準とのことで、この基準には被害者本人の慰謝料だけでなく、遺族固有の慰謝料も含まれているそうです。

被害者の家庭内での立場によって慰謝料の基準が変わる理由は、被害者が家族を養う立場にある場合、死亡事故によって 遺族は扶養を失うことになるので、逸失利益の賠償だけでは補てんしきれない分を慰謝料で補完しているからなのだそうです。

(まとめ表)

 

死亡慰謝料の基準

(万円)

任意保険基準

(万円)

一家の支柱

2800

1700

母親・配偶者

2400

1250~1450

独身男女、子供、幼児

200~2200

実際の裁判ではどれくらいの慰謝料を認めてもらえるの!?

死亡慰謝料の基準は、実際の裁判ではどのように機能しているんですか?

死亡事故の慰謝料の一般的な基準はあくまで目安にすぎず、絶対的なものではないんだ。裁判官によって、一般的基準にできる限り忠実に慰謝料を設定する人もいれば、基準に縛られずに判断する人もいるようだね。

できれば人情味のある裁判官に判断してもらいたいです。

死亡慰謝料の一般的な基準は、先ほど教えてもらったとおりですが、実際の裁判では、 基準を上回る死亡慰謝料を認めてもらえたものがたくさんあるそうです。

一部ピックアップして以下の表にある事例を紹介してもらいました。一家の支柱の死亡慰謝料の一般的基準は2800万円だったのに対し、3000万円や3400万円への 大幅増額が認められました。

母親・配偶者の死亡慰謝料の一般的基準が2400万円だったのに対し、3200万円や3000万円の結論になりました。子供の死亡慰謝料の一般的基準が2000~2200万円なのに対し、判決では2600万円とされました。

それぞれの事例で、特別な増額理由があったわけでもないことから、裁判官は一般的な基準に縛られずに、 遺族感情などを肌で感じながら、事例ごとに妥当な慰謝料額を判断しているようですね。

<死亡慰謝料の基準に関する裁判例>

11-2

死亡事故を弁護士に相談・依頼するメリットは!?

死亡事故では、かたき討ちのために弁護士に依頼せずに自分で交渉したいんですが。

死亡事故では、ご遺族が亡くなった被害者の弔いのために本人だけで交渉や裁判を行うこともあるようだね。でも、遺族だけで交渉しても保険会社から十分な支払いを受けられないし、裁判を弁護士なしで遂行するのはかなりの困難を伴うので、弁護士に依頼すべきだろうね。

そうですが、じゃあ弁護士さんと一緒に交渉させてください!

家族が交通事故にあい、死亡してしまった場合、遺族は、ときにはその事実自体を受け入れられず、想像を絶する苦しみを味わうことがあります。

その上に、遺族が加害者や保険会社と交渉をする中で、 不誠実な態度に出くわしたり、過失相殺などの反論を受けたり、相場を大幅に下回る慰謝料を提示されたりすると、さらに苦しみや怒りが大きくなることがあります。

死亡事故は、他の事故に比べて遺族の心理的負担が大きいため、できる限り 心理的負担を軽減するために、加害者や保険会社との交渉を弁護士に委ねるのが得策になることが多いそうです。

また、経済的なメリットとしても、弁護士を通じて保険会社と交渉すれば、 死亡慰謝料や逸失利益が大幅に増額され、最終的な受取額も大きくなるはずです。

相手から過失相殺の主張をされても、弁護士が法的な反論をすることで、 過失割合の交渉を有利に進めることができるメリットもあります。

アトム法律事務所では、 交通事故の知識・経験が豊富で、示談に強い弁護士が所属していて、24時間体制でLINEでの無料法律相談を受け付けています。死亡事故については、早めに弁護士に相談して対策をとったほうが良さそうです。

(まとめ表)

交渉の心理的負担

弁護士が交渉を引き受けるため心理的負担から解放される

慰謝料

死亡慰謝料の基準が大きく増額

逸失利益の基準アップ

死亡により収入が喪失ことによる逸失利益の基準が大幅にアップ

新生活の準備

示談交渉を弁護士に任せ、新生活に向けて専念できる

法的な主張

被害者側に過失があっても、法的な主張をして過失割合の交渉を有利に進められる

紛争解決への満足感

慰謝料基準を回収できるため、満足感あり

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

アトムの示談金の増額実績

無料出張相談

重傷を負ったご家族の介護や付き添いで忙しくありませんか?

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

無料出張相談

ご家族が交通事故で後遺障害を伴う重傷を負われたケースなど、一定の条件を満たす場合は、弁護士が無料であなたのところに無料出張し、慰謝料増額のための法律相談を行います。

「 全国対応の無料出張相談 」


全国10か所に事務所があるアトム法律事務所ならではのサービスです。

無料相談を利用する。

弁護士が慰謝料の増額を診断する。

  • 無料の出張訪問相談は一部の案件に限られます。
  • ご家族が重傷を負って介護で忙しい案件を想定しています。
  • 条件に該当しない場合は、無料出張相談はできません。
  • まずは無料相談であなたの話を聞かせてください。

弁護士が出張訪問する。

  • 相談料は無料0円です。
  • 慰謝料の増額や後遺障害の認定を相談することができます。
  • そのまま弁護活動を依頼すれば事件の解決がスムーズです。

弁護士に弁護活動を依頼する。

  • 着手金は無料0円です。
  • 弁護士費用は賠償金受領後の後払い制です。
  • 弁護士費用特約を使うことができます。
アトムの弁護士による示談金の増額実績
詳しくはこちら

交通事故LINE弁護団のご案内

アトムの「交通事故LINE弁護団」を友だち登録すれば、以下のメリットを無料で受けられます。
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

アトム法律事務所のご紹介

アトム法律事務所は、交通事故の被害者側の救済に精力的に取り組む弁護士事務所です。

あなたの慰謝料が正しいか今すぐ診断 電話で弁護士に相談する 0120-465-911 LINEで弁護士に無料相談する メールで弁護士に無料相談する

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談