慰謝料の計算の仕方は?

子供が交通事故にあった場合の慰謝料

子供が交通事故にあった場合、慰謝料はどのように計算でき、誰が請求できるのか?

子供本人の慰謝料、両親の慰謝料それぞれを調査してみました。

子供本人の慰謝料は!?

先生!子供が交通事故にあったら、いじめっ子やガキ大将でも慰謝料は請求できるんですか!?

どんな子供でも、交通事故被害にあえば慰謝料を請求できます。

思春期に差し掛かったデリケートな子供の慰謝料はやっぱり高くなるんですか!?

何歳の子供でも、慰謝料の金額はほとんど変わりませんね。思春期の子供でも、ガキ大将でも同じです。
ただし、子供の両親だけで交渉するより、弁護士を通じて交渉すると、慰謝料が大幅にアップすることが多いです。

分かりました!子供が思春期か、ガキ大将かにかかわらず、弁護士に交渉を依頼することが大切ってことですね。

何歳の子供であっても、交通事故にあえば辛い思いをするのは大人と同じ。ということで、子供であっても、交通事故の慰謝料の計算については、基本的に大人の場合と同じだそうです。

ただし、子供が死亡した場合の本人の慰謝料は、一家の大黒柱が死亡した場合に比べて、金額は低くなる傾向にあるらしい。

いずれの場合も、子供の両親だけで保険会社と交渉しても、任意保険基準といって、低い基準でしか示談に応じてくれないみたいです。

でも、弁護士に交渉を依頼すれば、うそのように慰謝料額が大幅アップするらしいです。保険会社がそういうマニュアルで動いているってことを理解する必要があるみたいですね。

最近の保険は便利になっていて、弁護士費用特約というものがついていれば、弁護士費用を一部保険会社に負担してもらえることが多いようです。

(まとめ)

 

一家の大黒柱

子供

傷害慰謝料

入院・通院日数により計算

後遺障害
慰謝料

後遺障害等級に応じた一定額

死亡慰謝料

任意保険基準:1700万円
弁護士基準:2800万円
任意保険基準:1400万円
弁護士基準:2000~2200万円

子供の両親や兄弟も慰謝料を請求できるの!?

子供が交通事故で入院したりすると、当然、両親も慰謝料を請求できますよね!?

子供の両親や兄妹が固有の慰謝料を請求できるのは、子供が重度の後遺障害を負うか死亡した場合に限られます。

なんで!?
保険会社はどういうつもりなんですか?

低い基準で被害者と示談交渉すること自体は違法ではないので、保険金の支払額を下げるために、任意保険基準での示談交渉が横行しています。

子供が痛そうな姿を見せて長期入院していてもですか!?そんなの理不尽すぎます。子供達のためにも、保険会社を訴えてやりたい!

・・・といってみたものの、わたしがいくら裁判を起こしても意味はなさそうです。

子供が交通事故で死亡したり、重度の後遺障害が残ったりした場合に限り、子供本人の慰謝料だけでなく、両親や兄弟固有の慰謝料も請求できることがあるようです。

じゃあ、一体どれくらいの慰謝料がもらえるのか弁護士さんに聞いてみると、いくつか実際の事例を、下の表にあるとおり紹介してくれました。

両親の固有の慰謝料は、100万円~800万円までばらつきがありますね。交通事故を目撃した兄妹がいると、兄妹にも慰謝料が認められることがあるみたいです。なかには、祖父母まで慰謝料を認めてくれた例もあったみたいです。

ただし、これらは全て裁判をして初めて認めてもらえただけで、保険会社は簡単に親や兄妹の慰謝料までは払ってくれないらしいです。でも、こういう事例の場合は、弁護士に依頼して保険会社と交渉すれば、子供本人だけでなく、両親等の慰謝料まで払ってもらえることも少なくないみたいです。

結果

年齢

子供本人

両親

兄妹

死亡

3歳

2800万円

300万円

死亡

3歳

2000万円

300万円

200万円(目撃)

死亡

6歳

2200万円

200万円

30万円

1級
(植物状態)

8歳

2800万円

800万円

3級(高次脳機能障害)

14歳

1990万円

100万円

5級(高次脳機能障害)

10歳

1400万円

250万円

子供の慰謝料請求を弁護士に依頼するメリットは!?

子供が交通事故にあうと、両親の熱意はすさまじいですよね!さすがに保険会社といえども、両親の熱意は理解してもらえますよね!?

いくら両親が熱意をもって交渉しても、保険会社は低い慰謝料しか払ってくれません。そういう世界なんです。

じゃあ子供と両親は泣き寝入りするしかないんですか!?

裁判を起こさずに適正な慰謝料をとれるたった一つの方法は、交渉を弁護士に依頼することだけです。

結局、子供の交通事故の慰謝料請求は、両親だけでいくら頑張っても、納得のいく賠償は期待できないようでした。

保険会社には、被害者に弁護士がつかなければ低い慰謝料を提示し続けるというマニュアルや慣習が残り続けているのだとか。被害者の人たちには、弁護士に依頼するメリットをもっと知ってほしいですね。

弁護士に依頼するだけで、裁判なしでも大幅に慰謝料額がアップするらしいです。大きな事故で子供が大きな怪我を負ったときでも、事故処理は弁護士任せにして、両親は交渉の精神的負担から解放されて、子供の看病に専念できますね。

子供の交通事故では、弁護士に交渉を頼まない手はなさそうです。

(まとめ)

 

弁護士なし

弁護士あり

慰謝料額 弁護士基準での交渉は困難。低い金額で泣き寝入り。 裁判なしでも、弁護士基準まで大幅アップ
死亡・重度後遺障害事例 両親が直接保険担当者と交渉し、精神的に辛い。 弁護士が全ての交渉を代理する。精神的負担が緩和し、子供の看病に専念できる。

交通事故の慰謝料.comの監修医師

藤井 宏真 医師

【登録不要】慰謝料相場の自動計算機

このページでは「子供が交通事故にあった場合の慰謝料」について調査報告しました。読者の方の中には「弁護士を付けた場合の慰謝料相場を知りたい」という方も多いのではないでしょうか。そのような方には、こちらの自動計算機がお勧めです。

保険会社から提示されている慰謝料が正しいか計算する

面倒な登録やアプリのインストールは一切不要です。わずか数項目を入力するだけで、すぐに正当な補償金額の目安がわかります。是非、ご利用ください。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談