20歳男性、脊髄損傷で後遺障害3級。賠償額5676万円

認容額 5676万9029円
年齢 20歳
性別 男性
職業 会社員
傷病名

第三腰椎脱臼骨折・左鎖骨開放性骨折・左第七肋骨骨折・頭部挫傷・脊髄損傷等

後遺障害等級 3級
判決日 平成9年3月26日
裁判所 東京地方裁判所

交通事故の概要

平成3年7月9日午後19時25分頃、群馬県邑楽郡大泉町朝日5丁目4番21号先の交差点において発生した。
被害者は、原動機付自転車を運転して県道足利・千代田線を上小泉方面から吉田方面に向かって直進をしていた。
県道足利・千代田線と邑楽町方面に向かう側道とがT字型に交差する本件交差点おいて、県道足利・千代田線を吉田方面から上小泉方面に向かって軽四貨物自動車を運転していた加害者が、邑楽町方面に向かう側道へ右折させたところ、被告車と原告車が衝突した。

被害者の入通院治療の経過

被害者は本件事故から581日間入院をした。

後遺障害の内容

被害者の後遺障害は、神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないものとして3級3号に認定された。

判決の概要

本件事故で、加害車の動静の確認を怠り、減速の措置もとらなかった被害者に30%の過失相殺を認めた。また、日常生活を車いすで行わなければならず、全面的な付添いの必要性までは認められないが、部分的な付添いの必要性が認められるとして、将来付添費約1365万円を認めた事例。

認容された損害額の内訳

入院付添費 85万5591円
入院雑費 75万5300円
将来介護費 1364万9905円
休業損害 395万8734円
逸失利益 7089万3023円
慰謝料 2030万円
車いす購入費 71万4887円
物損費 23万8462円
住宅改造費 80万円
装具費 20万7960円
既払い金 -2489万2674円
弁護士費用 300万円
過失相殺 -3371万2159円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談