57歳男性、脊髄損傷で要介護。賠償額1億3920万円以上

更新日:

認容額 1億3921万4408円
年齢 57歳
性別 男性
職業 日雇い労働者
傷病名

頸髄損傷

後遺障害等級 1級
判決日 平成16年3月22日
裁判所 東京地方裁判所

交通事故の概要

平成12年7月13日午前10時45分頃、千葉県安房郡富山町高崎において、加害者が普通乗用自動車を運転中、エアコンのスイッチを調整していたところ、道路左側にあった街灯の柱に車両を衝突させた。
右車両の助手席に同乗していた被害者に重傷を負わせた事案。

被害者の入通院治療の経過

被害者は本件事故から入院治療を行い、症状固定後約4ヶ月入院していたが、平成14年2月25日頃退院をした。

後遺障害の内容

被害者は、生命維持に必要な身の回りの処理の動作について、常に他人の介護を要するものとして、後遺障害等級の第1級3号に認定された。

判決の概要

加害者らが、被害者が所属する政治団体の属性のみから、本件事故と被害者の傷害ないし後遺障害との間の因果関係に疑念を抱くのは飛躍というほかなく、その根拠は薄弱である。
その主張の時期に照らしても、誠実さを欠く訴訟対応であるといわざるを得ないし、このことは、慰謝料算定の上で斟酌せざるを得ないとした事例。

認容された損害額の内訳

治療関係費 83万8996円
入院雑費 141万5853円
将来介護費 8000万1113円
逸失利益 2809万5096円
慰謝料 3140万 円
被害者妻への慰謝料 300万円
装具購入費 1687万9203円
看護料 670万円
医師への謝礼 21万4340円
住居費 51万1183円
損害填補 -3884万1376円
弁護士費用 1230万円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

高校卒業後、日米でのフリーター生活を経て、旧司法試験(旧61期)に合格し、アトム法律事務所を創業。弁護士法人を全国展開、法人グループとしてIT企業を創業・経営を行う。現在は「刑事事件」「交通事故」などの弁護活動を行う傍ら、社会派YouTuberとしてニュースやトピックを弁護士視点で配信している。

保有資格

士業:弁護士(第二東京弁護士会所属:登録番号37890)、税理士

学位:Master of Law(LL.M. Programs)修了

英語:TOEIC925点