30歳男性、脊髄損傷で後遺障害1級。賠償額1億万円以上に。

認容額 1億4834万8287円
年齢 30歳
性別 男性
職業 契約社員
傷病名

胸髄損傷(第三、四胸椎破裂骨折)、右上腕骨及び肩甲骨骨折

後遺障害等級 1級
判決日 平成20年5月8日
裁判所 東京地方裁判所

交通事故の概要

平成16年1月31日午後13時15分頃、東京都足立区六木1丁目17番交差点内において、本件交差点内に進入した被害者車と、対向する車線から右折のため本件交差点内の被害者車の走行する車線内に進入してきた加害者車の右前角部とが衝突し、被害者車は転倒し傷害を負った事案。

被害者の入通院治療の経過

被害者は本件事故から296日間入院をし、退院後も4ヶ月にわたり通院治療を行った(実通院日数38日)。

後遺障害の内容

被害者は、「脊髄症状のため、生命維持に必要な身のまわり処理の動作について、常に他人の介護を要するもの」として、後遺障害等級第1級1号に該当すると判断された。

判決の概要

加害者には、本件交差点を右折するにあたり、本件交差点で直進する車両等の進行を妨害してはならない注意義務があった。しかし、対向車線の状態の確認を怠ったまま、漫然と本件交差点で右折を開始させたことにつき上記注意義務違反があるとされた。
また、被害者にも、進行方向前方にいた加害者の車の動静に対する注意を怠った落ち度がいくばくか存在したことが推認されるとして、加害者の過失割合を85%とした。
被害者の妻及び子であるその他の原告ら固有の慰謝料請求を含め、被害者側の請求をそれぞれ一部認容した事例。

認容された損害額の内訳

治療関係費 348万9930円
入院付添費 197万4600円
入院雑費 42万7500円
通院交通費 28万1970円
将来介護費 5305万2604円
休業損害 525万0850円
逸失利益 7417万2661円
慰謝料 3131万円
自動車改造費、転居費用、生活費 323万4966円
将来の車両改造費 160万2567円
器具購入費 450万5546円
被害者妻への慰謝料 100万円
被害者娘への慰謝料 50万円
弁護士費用 1000万円
過失相殺 -4477万4508円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談