過失3割の歩行者事故、後遺障害11級で1300万円超認容

認容額 1304万2054円
年齢 39歳
性別 女性
職業 取締役員
傷病名

頭蓋骨骨折、下顎骨骨折、左橈骨骨折、右腓骨骨折、肺挫傷、肝損傷、右顔面神経麻痺、右上1,3,6番歯牙破折

後遺障害等級 11級
判決日 平成27年10月7日
裁判所 東京地方裁判所

交通事故の概要

平成18年4月17日午前3時13分頃、東京都港区芝2丁目21番17号において、被害者が横断禁止規制のある道路を横断していたところ、道路上走行していた加害者運転の事業用普通貨物自動車と接触した。

被害者の入通院治療の経過

被害者は、本件事故により路上に転倒し、頭蓋骨骨折等の傷害を負った。事故後は医療機関に、約2ヵ月の入院と約3年6ヵ月の通院による治療を行い、症状が固定した。

後遺障害の内容

被害者は、症状固定後も後遺症が残っており、右難聴・右耳鳴の症状による12級、右顔面麻痺に伴って人目につく以上の口の歪みとして12級、併合して後遺障害等級表11級の認定を受けた。

判決の概要

本件事故の裁判では、過失相殺及び被害者の損害額についてが争点となった。
過失相殺については、被害者が夜間横断禁止規制されている道路を横断したという過失があることが認められ、被害者に過失相殺すべき過失が3割あると判断された。
被害者の損害額については、治療費、休業損害、逸失利益、慰謝料等の請求の一部が認容された。

認容された損害額の内訳

治療関係費 174万2070円
入院雑費 5万9400円
通院交通費 7万5150円
休業損害 360万6768円
逸失利益 1684万0275円
慰謝料 275万円
文書料 700円
既払金等 -451万円
過失相殺 -752万2309円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談