【無職】勤務予定企業の給与を基礎に休業損害を算出

認容額 4403万6123円
年齢 61歳
性別 男性
職業 無職(事故当時)
傷病名

頸髄損傷

後遺障害等級 2級
判決日 平成9年11月27日
裁判所 大阪地方裁判所

交通事故の概要

平成5年11月29日午後6時ころ、三重県名張市蔵持町原出1309番地の路上において、加害者が普通乗用自動車を運転して、道路を南東から北西へ向けて進行するにあたり、同所を東から西へ向けて歩行横断中であった被害者に車両を衝突させ、被害者に左頬部打撲擦過傷、頸髄損傷の傷害を負わせた。

被害者の入通院治療の経過

被害者は、本件事放により、約1年5か月間入院し、退院した後も、約6か月間通院して治療を受けた。被害者は、平成7年10月に、症状固定の診断を受けた。

後遺障害の内容

被害者には、頸部損傷による後遺障害が残った。そして、自動車保険料率算定会調査事務所により、自賠法施行令二条別表障害別等級表2級3号の後遺障害が存するとの認定を受けた。

判決の概要

信号機による交通整理が行なわれておらず、照明のない交差点に、加害者の車両(普通自動車)の運転者が制限速度を若干超える速度(時速5キロメートル超過)で進入したために、被害者(男性・61歳)と衝突した。運転者が歩行者はないものと軽信し前方不注視のまま漫然と進行させていたとしても、被害者も一輪車を押しており危険を回避しにくい状況であったにもかかわらず、車両の有無を十分確認することなく横断を開始した過失があるとして、2割の過失相殺を認めた。

認容された損害額の内訳

治療関係費 1万2570円
入院付添費 177万2000円
入院雑費 62万2800円
通院交通費 20万円
将来介護費 1913万6767円
休業損害 525万7534円
逸失利益 2622万3750円
慰謝料 2300万円
文書費用 3万5870円
家屋改造費用 722万円
紙おむつ代 138万4085円
既払金 -3084万888円
弁護士費用 400万円
過失相殺 -1398万8365円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談