脊髄不全損傷で後遺障害3級、賠償額2026万円が認定

認容額 2026万9432円
年齢 63歳
性別 男性
職業 不明
傷病名

左足関節内顆骨折、左腓骨骨幹部骨折、左肩関節脱臼、脊椎の多発骨折(第六・第七頸椎棘突起骨折、第一胸椎破裂骨折)

後遺障害等級 3級
判決日 平成20年7月31日
裁判所 大阪地方裁判所

交通事故の概要

平成13年5月25日午後23時38分頃、大阪府茨木市西河原3丁目4番先交差点において発生した。
加害者は、車を運転して信号機のない本件交差点を西から東に向かって直進するに当たり、交差道路から本件交差点に進入してくる車両等の有無及び安全確認不十分のまま進行した。
そのため折から右方道路から本件交差点に進入してきた被害者運転の足踏み式自転車の発見が遅れ、急ブレーキをかけたが間に合わず、車前部を自転車左側面部に衝突させ、被害者に傷害を負わせた。

被害者の入通院治療の経過

被害者は本件事故後から入院日数82日間、通院実日数226日間、治療をうけた。

後遺障害の内容

被害者は、本件事故で負った傷害によって、仮に本件事故に近接した時期に麻痺や知覚障害が現われていなかったとしても、脊髄不全損傷の
傷害を負ったものということができるとし、脊髄不全損傷の影響もあって後遺障害等級3級に認定された。

判決の概要

本件事故で負った傷害によって、仮に本件事故に近接した時期に麻痺や知覚障害が現われていなかったとしても、脊髄不全損傷の傷害を負ったものということができるとし、後遺障害の認定をうけた。
また後遺障害による労働能力喪失率は100%であると認定し、本件事故における原告Aの過失割合を35%として、その他、被害者の妻の固有慰謝料として過失相殺しない相当額として100万円を認容した。

認容された損害額の内訳

治療関係費 138万1642円
入院付添費 112万9000円
入院雑費 10万6600円
通院交通費 58万1050円
休業損害 1287万2720円
逸失利益 2306万3744円
慰謝料 2230万円
損害填補 -711万4163円
被害者妻への慰謝料 100万円
弁護士費用 185万円
過失相殺 -2150万2165円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談