【無職】就職内定のため、就職後の予定稼働利益を喪失と認定

認容額 907万295円
年齢 68歳
性別 男性
職業 無職(事故当時)
傷病名

頸髄不全損傷、外傷性頸椎症、右上股麻痺、頸椎回旋障害

後遺障害等級 12級
判決日 平成16年8月25日
裁判所 大阪地方裁判所

交通事故の概要

平成13年1月31日午前8時ころ、兵庫県西宮市堤町先の路上において、信号に従って停車中の被害者の自動車に、加害者の自動車が追突した。

被害者の入通院治療の経過

被害者は、本件事故により、頸髄不全損傷、外傷性頸椎症、右上股麻痺、頸椎回旋障害の傷害を負った。被害者は、傷害の治療のため、32日間入院した。また、退院から約1年間は通院して治療を受けた。

後遺障害の内容

被害者は、右頸部痛、肩の痛み、右前腕尺側のしびれの後遺障害により、障害者等級12級相当と判断された。

判決の概要

信号に従って停車中の被害者の車両に、加害者の車両が追突した交通事故の損害賠償訴訟において、被害者は事故当時無職であったものの、事故後の一定日から具体的な就職先が内定しており、就職後の予定稼働利益を喪失したことに伴う損害の発生が認められるが、就職は取消されたことから特定の職業との関係でのみ就労の可否を決するのは相当ではないとして、賃金センサス男子労働者年齢別平均賃金を基準に休業損害(入院期間の逸失利益・労働能力喪失のよる逸失利益)を算定した。また、過失相殺は認められないとしたが、被害者の症状には心因的な要因も寄与していないとまではいえないとして、3パーセントの寄与度減額を認めた。

認容された損害額の内訳

治療関係費 305万9690円
入院雑費 4万1600円
逸失利益 475万9597円
慰謝料 300万円
損益相殺 -266万3838円
損益相殺 28万4585円
寄与度減額 -32万8748円
薬剤及び文書料 9万7410円
弁護士費用 82万円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談