醜状障害による後遺障害7級、既払金の約2倍が認容された判例

認容額 1493万2742円
年齢 25歳
性別 女性
職業 会社員
傷病名

右前頭骨開放性骨折、気脳症、左上眼瞼裂創、右眼窩内側壁骨折、左膝複合靱帯損傷、右膝複合靱帯損傷

後遺障害等級 7級
判決日 平成27年1月20日
裁判所 東京地方裁判所

交通事故の概要

平成21年5月4日午後11時35分頃、東京都港区赤坂2丁目4番にある信号機により交通整理の行われている交差点において、加害者の運転する普通乗用自動車が本件交差点を左折進入する際に、横断歩行中の被害者に衝突した。

被害者の入通院治療の経過

被害者は、本件事故により路上に転倒し、左前頭骨開放性骨折等の傷害を負った。事故後すぐに救急搬送され、医療機関に約2ヵ月の入院と約1年8ヵ月通院して治療を受け、症状が固定した。

後遺障害の内容

被害者は、症状固定後に後遺障害が残り、醜状障害として前額部右の瘢痕及び左眼窩部線状痕で7級、左下肢の瘢痕につき14級、左膝痛及び右膝痛につき14級、それぞれを併合して後遺障害7級の認定を受けた。

判決の概要

本件事故の裁判では、過失相殺及び被害者の損害額についてが争点となった。
過失相殺について、加害者側は被害者に多少なりとも急ぎ足で渡るべきで事故を回避するためにも車両の動静に注意するべきであったと主張するが、被害者は青信号のうちに横断を終えることが可能であったために急ぎ足をする必要はないと認められ、被害者に過失相殺すべき過失はないと判断された。
被害者の損害額については、治療費、入院交通費は全額認められたが、慰謝料、逸失利益、休業損害等は一部のみ認容された。

認容された損害額の内訳

治療関係費 330万1647円
入院付添費 36万5700円
入院雑費 11万1000円
通院交通費 3万9000円
休業損害 240万9930円
逸失利益 780万9775円
慰謝料 1246万円
文書料 1050円
装具費代 18万5384円
既払金等 -1310万0834円
弁護士費用 135万円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談