請求額の約9割が認容され、賠償金額6千万円超の死亡事故判例

認容額 6102万3195円
年齢 48歳
性別 女性
職業 主婦
傷病名

骨盤骨折

判決日 平成27年5月20日
裁判所 東京地方裁判所

交通事故の概要

平成26年1月15日午前11時15分頃、東京都江東区青梅1丁目1番にある信号機により交通整理の行われていない交差点において、加害者が運転する事業用大型貨物自動車は本件交差点を青信号に従い左折しようとした際に、自動車横断帯を直進する自転車を先に通過させて再度左折を開始したところ、通過した自転車に続いて進行していた被害者運転の自転車と衝突した。

被害者の事故後の経過

被害者は、本件事故により大型自動車に轢過され、骨盤骨折等の傷害を負った。事故から約1時間後に、腹腔内出血により死亡した。

判決の概要

本件事故の裁判では、過失相殺及び被害者の損害額についてが争点となった。
過失相殺については、被害者は道路交通法に則り特に違反なく走行していたこと、加害者が左後方を全く確認していなかったことなどが認められ、被害者自身に過失相殺すべき過失はないと判断された。
被害者の損害額については、慰謝料、逸失利益、葬儀費用等を請求し、その請求額の9割超が認容された。

認容された損害額の内訳

逸失利益 3000万8283円
慰謝料 2400万円
葬儀費用 147万0887円
雑費 4027円
弁護士費用 554万円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談