遺族らへ約1.5億円の賠償額が認容された死亡事故判例

認容額 1億4992万2536円
年齢 44歳
性別 男性
職業 有限会社代表取締役
傷病名

外傷性くも膜下出血、局所性脳挫傷、急性硬膜下血腫、肋骨多発骨折、右脛骨近位開放骨折、右橈尺骨近位開放骨折、左気胸

判決日 平成27年12月10日
裁判所 東京地方裁判所

交通事故の概要

平成23年11月26日午前11時55分頃、東京都江東区亀戸6緒青梅42番にある交通整理の行われていない交差点において、加害者の運転する普通乗用自動車が本件交差点を右折する際に、対向車線を直進しようとした被害者運転の普通自動二輪車と衝突した。

被害者の事故後の経過

被害者は、本件事故により二輪車から跳ばされ、外傷性くも膜下出血等の傷害を負った。事故後は、東京都立墨東病院に救急搬送されて治療を受けたが、事故から約20時間後に死亡した。

判決の概要

本件事故の裁判では、事故の態様及び過失相殺について並びに被害の損害及び損害額についてが争点となった。
過失相殺については、被害者が交差点に進入する際に、対向車線の第2,3車線の車両が停車したままであることは確認できているため、右折車がいるかどうか、またいた場合の動静を注視し、その安全を確認する義務があったことが認められ、過失相殺すべき過失が被害者に2割あると判断された。
損害額については、被害者自身の治療費、葬儀費用、慰謝料、逸失利益等は一部認容され、かつ、被害者遺族固有の慰謝料についても一部認容された。

認容された損害額の内訳

治療関係費 226万9260円
入院雑費 3000円
休業損害 8万2191円
逸失利益 1億4163万0300円
慰謝料 2703万円
葬儀費用 150万円
既払金 226万9260円
弁護士費用 1338万円
過失相殺 -3470万2951円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談