【無職】就職する蓋然性ありと認められ、休業損害額が算定

認容額 2579万4406円
年齢 32歳
性別 男性
職業 無職(事故当時)
傷病名

胃穿孔、胃出血、脾臓破裂、右脛骨高原骨折、左膝前十字靭帯付着部剥離骨折、右腓骨神経麻痺、左膝内側半月板損傷等

後遺障害等級 11級
判決日 平成25年8月29日
裁判所 大阪地方裁判所

交通事故の概要

平成19年8月3日午前8時50分頃、京都府亀岡市宮前町神前長野一五番地の西方約100mの路上において、被害者が原動機付自転車を運転して、道路左側車線を走行中、前方から走行してきた加害者が運転する普通乗用自動車が、センターラインを超えて進入したことにより、被害者の車両と正面衝突した。

被害者の入通院治療の経過

被害者は、本件事故により、脾臓破裂、胃穿孔、左血気胸、左肋骨骨折、右脛骨高原骨折、右前腕挫滅創、右上腕挫滅創、左膝前十字靭帯付着部剥離骨折、左膝内側半月板損傷などの傷害を負い、病院に救急搬送されそのまま入院し(外科)、胃穿孔部縫縮術(大網充填術、被覆術を含む)、脾臓摘出術、血管塞栓術(腹腔内血管)、左胸腔ドレナージを受けた。開腹時には、腹腔内に大量の出血が認められ、出血確認のために、胃を切開され、出血部位と思われる箇所を止血して縫合された。
その後、被害者は187日間入院し、211日間通院して治療を受けた。また、関節内骨折観血的手術(膝)及び半月板切除術(関節鏡下)も受けた。

後遺障害の内容

被害者は、平成21年12月17日、症状固定と診断された。後遺障害が残存したが、腹部外傷に伴う脾臓摘出の点については、自動車損害賠償保障法(以下「自賠法」という。)施行令二条別表第二所定の後遺障害等級13級11号、右下肢の脱力感・右膝痛・あぐら位で右膝の脱臼感等については、12級13号、左膝痛等についても、12級13号にそれぞれ該当し、併合11級に該当する旨の認定を受けた。

判決の概要

原動機付自転車の運転中に、加害者が運転する普通乗用自動車と衝突した事故により、傷害を負った旨主張する被害者が、加害者に対して損害賠償等の支払を求めた。
休業損害は、事故の被害者が、事故により受けた傷害の症状が固定するまでの療養期間中に、傷害及びその療養のために休業し、または十分に稼働することができなかったことから生ずる稼働収入の喪失を、損害として捉えるものであるから、事故前に、現に稼働収入を得ていないものについては、休業損害を認めることはできないのが原則であるが、治療期間が長期にわたる場合で、治療期間中に就職する蓋然性が認められる時には、例外的に休業損害が認められる場合がある等と示した。被害者は、事故当時無職であったが、後に実際に就業した本件はこれに当たる等として、被害者の請求を一部認容した。

認容された損害額の内訳

治療関係費 877万4340円
入院付添費 18万円
入院雑費 27万6900円
通院交通費 82万2350円
休業損害 552万6845円
逸失利益 1098万2695円
慰謝料 800万円
既払い額 -1076万8724円
弁護士費用 200万円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談