交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

高齢被害者の家族の介護交通費も認定。賠償額3383万円以上

認容額 3383万7603円
年齢 73歳
性別 男性
職業 不明
傷病名

脳挫傷、外傷性くも膜下出血、急性硬膜下血腫、顎関節脱臼骨折

後遺障害等級 2級
判決日 平成24年5月16日
裁判所 大阪地方裁判所

交通事故の概要

平成19年9月9日午後13時12分頃、大阪府豊中市新千里南町2丁目12番15号先の道路において発生した事案。
加害者が、車を道路左端に停止した後、ハザードランプを点灯し、降車するために運転席ドアを開けた。
そこに、右後方を走行し、加害者の車を追い越そうとした被害者運転の自転車が、車のドアに衝突した。
被害者は路上に転倒し、頭部を打ち付けた。

被害者の入通院治療の経過

被害者は本件事故の傷害により147日間の入院治療を行った。
さらに本件事故からおよそ1年間の間で実通院日数19日の通院治療を行った。

後遺障害の内容

本件事故により、高次脳機能障害等及び左同名半盲の後遺障害が残存し、2級1号該当の判断を受けた。
体幹機能障害(歩行困難等)3級の身体障害者手帳の交付、保佐開始の審判、要介護3の認定を受けた。

判決の概要

口頭弁論終結時以降の、金額が具体化していない将来の介護費用については、現在適用のある介護保険の給付内容や水準が将来においても維持されることが必ずしも確実とはいえないこととする。
この場合において、被害者が現在自ら負担している金額から想定される範囲にとどまらず、介護保険からの給付を含めた介護費用の額を考慮することが相当であるとし、請求を一部認容した事例。

認容された損害額の内訳

治療関係費 92万2010円
入院付添費 582万3097円
入院雑費 56万7127円
通院交通費 117万6695円
将来介護費 2780万3040円
慰謝料 2385万円
保佐開始の審判申立費 10万7960円
家屋改造費 10万3500円
介護備品費 7万6407円
被害者妻への損害賠償額 190万円
既払金 -45万6155円
被害者子への損害賠償額 103万円
過失相殺 -302万1492円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談