交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

要介護の兼業主婦、子や両親も慰謝料認定。賠償額1億円超え

認容額 1億2951万2815円
年齢 29歳
性別 女性
職業 会社員/主婦
傷病名

外傷性頚髄損傷(四肢麻痺)、第五、六頚椎椎体脱臼骨折、頬・両下肢擦過傷、頭部打撲等

後遺障害等級 1級
判決日 平成20年12月2日
裁判所 東京地方裁判所

交通事故の概要

平成16年7月3日午前3時5分頃、愛知県春日井市中央通2丁目59番地先路線上において、交差点を南東から北西に向けて進行してきた加害者が運転する車が、前方の信号機が赤色であるのに同交差点に進入したところ、同交差点を北東から南西に向けて進行してきた被害者が運転する車に衝突した。
前方不注視、赤信号無視、制限速度違反及び飲酒運転の過失により発生した事故。

被害者の入院治療の経過

原告花子は、事故後直ちに病院に搬送され82日間入院した。
その後、リハビリテーション施設が充実した病院に転院し投薬治療・リハビリテーションなどを受け、258日間入院した。

後遺障害の内容

被害者は、頚髄損傷による四肢麻痺について、後遺障害1級第1号に該当すると認定された。

判決の概要

長期間の入院治療にもかかわらず、被害者には四肢麻痺や膀胱直腸障害の後遺症が残り、生命維持に必要な身の回りの処理については常に介護を要する状態になった。
被害者に対する慰謝料は、傷害分及び後遺障害分を合計して3200万円と認定された。さらに、被害者家族らの固有の慰謝料についても認定された。
被害者の受領した自賠責保険金及び障害基礎年金については、被害者の損害額元本から控除すべきである等と示した事例。

認容された損害額の内訳

治療関係費 178万0931円
入院付添費 143万6400円
入院雑費 47万4600円
将来介護費 4318万2310円
休業損害 325万2705円
逸失利益 5907万4759円
慰謝料 3200万円
将来の雑費 684万7582円
交通費、宿泊費及び荷物運賃 14万7860円
家屋の改造費 898万4666円
装具費 56万8333円
被害者の両親への慰謝料 400万円
被害者の子供への慰謝料 100万円
保険金の内払金 -313万8612円
確定遅延損害金 1874万0437円
弁護士費用 885万円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談