交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

被害者主婦の家族にも慰謝料が認められ賠償額1億2千万円以上

認容額 1億2053万0928円
年齢 66歳
性別 女性
職業 主婦
傷病名

第九胸椎脱臼骨折、胸髄損傷、脊髄損傷、深部静脈血栓症、肺塞栓症、右腋窩神経麻痺、頭部打撲挫傷、右血気胸、外転神経麻痺、左突発性難聴、神経因性膀胱、膀胱炎、慢性胃炎、便秘症、中耳炎、咽頭炎、右肩関節脱臼、胃潰瘍、上気道炎、気管支炎等

後遺障害等級 1級
判決日 平成21年2月23日
裁判所 神戸地方裁判所

交通事故の概要

平成17年3月2日午後19時頃、兵庫県三田市東山954番地5先路上において発生した。加害者は、車で、本件道路時速約50kmで進行していた。
被害者は、本件道路を、車両の来る可能性のある後方を注意せずに背を向けたまま斜めに横断していた。
加害者は前方不注視のまま走行し、被害者に気づき急ブレーキをかけたが、間に合わず被害者と衝突した。

被害者の入通院治療の経過

被害者は本件事故からおよそ2年間の内、341日間の入院治療をし、実日数40日通院治療をした。

後遺障害の内容

被害者は、胸髄損傷による両下肢麻痺等につき後遺障害1級1号、胸腹部臓器障害につき11級10号、右外転神経麻痺による複視につき13級2号が認定された。

判決の概要

車道に出ていた被害者には、本件道路を走行する車両の有無やその動きに注意する必要があるところ、これを怠ったとみざるをえない。
被害者の過失の内容・程度、加害者が前方注視を怠っていたことに加え、夜間であること、本件道路の幅員が8メートルを超えること、被害者が本件事故当時63歳であって高齢者とまでいえないこと等から、過失の割合は被害者25%・加害者75%であるとした。
そして被害者の死亡にも比肩すべき傷害・後遺障害により精神的損害を被ったとして、被害者の親族らの固有慰謝料を認め、被害者らの請求を一部認容した事例。

認容された損害額の内訳

治療関係費 1184万9141円
入院付添費 650万7000円
入院雑費 146万2146円
将来介護費 8139万3646円
休業損害 679万3733円
逸失利益 2361万6449円
慰謝料 3185万円
将来の装具・器具等購入費 260万3602円
家屋等改造費 681万2929円
自動車購入費 91万6674円
被害者各親族への慰謝料合計 380万円
損益相 殺 -982万3062円
過失相殺 -4345万1330円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談