将来の介護費用や後遺傷害慰謝料等で賠償額4853万円認定

更新日:

認容額 4853万3446円
年齢 78歳
性別 男性
職業 不明
傷病名

脳挫傷等

後遺障害等級 2級
判決日 平成23年7月26日
裁判所 大阪地方裁判所

交通事故の概要

平成21年4月5日午後19時5分頃、大阪府豊中市原田元町2丁目21番4号において、被害者が歩道上を歩行していたところ、車を運転していた加害者が前方不注視のままスピードを出して走行し、被害者と衝突した。

被害者の入院治療の経過

被害者は、本件事故後、194日間にわたる入院治療を受けた。
なお、入院治療後、特別養護老人ホームに入所を待ちながら、介護施設に入所している。

後遺障害の内容

被害者に残存する後遺障害は、著しい判断力の低下や情動の不安定などがあって、一人で外出することができず、日常の生活範囲は自宅内に限定されている。
さらに、身体動作的には排泄、食事などの活動を行うことができても、生命維持に必要な身辺動作に、家族からの声掛けや看視を欠かすことができないものに該当するといえ、後遺障害等級2級3号に相当するというべきである。

判決の概要

夜間、前方の見通しはよい自転車通行が可能である幅約3メートルの歩道上で、被害者(77歳)が歩道上を歩行していたところ、前方から走行してきた加害者搭乗の自転車と衝突した事故。
加害者の自転車のスピードが出ていたことについては当事者間に争いがなく、事故は加害者が右方向に気を取られて被害者の発見が遅れたことによって発生したとして、過失相殺を認めなかった事例。

認容された損害額の内訳

治療関係費 1020万3975円
入院雑費 29万1000円
将来介護費 2316万5100円
慰謝料 2700万 円
施設費 138万7855円
既払い -1810万6399円
弁護士費用 440万円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

第二東京弁護士会所属。アトム法律事務所は、誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応することを使命とする弁護士事務所です。国内主要都市に支部を構える全国体制の弁護士法人、年中無休24時間体制での運営、電話・LINEに対応した無料相談窓口の広さで、迅速な対応を可能としています。