交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

脊柱の変形障害、被害者過失15%で賠償額2千万円超の判例

認容額 2164万4568円
年齢 26歳
性別 男性
職業 会社員
傷病名

頚椎骨折、右橈骨遠位端骨折、左橈骨頭骨折、両側肺挫傷、左肩挫傷

後遺障害等級 10級
判決日 平成27年2月24日
裁判所 東京地方裁判所

交通事故の概要

平成22年10月24日午前8時6分頃、千葉県山武郡芝山町岩山2093番地にある信号機により交通整理の行われている交差点において、道路を直進していた被害者運転の大型自動二輪車と、本件交差点を右折しようとした加害者運転の普通貨物自動車が衝突した。

被害者の入通院治療の経過

被害者は、本件事故により二輪車から転倒し、頸椎骨折等の傷害を負った。事故後は20日間の入院と約7か月の通院を行って症状が固定した。

後遺障害の内容

被害者は、症状固定後に後遺障害が残り、脊柱の変形障害として11級7号に、右店関節の可動域制限については「1上肢の3大関節の機能に傷害を残すもの」として12級6号に、併合して後遺障害等級10級に該当するという認定を受けた。

判決の概要

本件事故の裁判では、事故態様及び過失割合並びに被害者の損害及びその損害額についてが争点となった。
被害者は、前方薬70m先に右折を開始している加害者車両を認めたのであるから、その動静に注意し、適宜速度等を調整すべき義務があるのにもかかわらず、これを怠って進行した過失があると認められ、被害者に過失相殺すべき加湿は15%あると判断された。
被害者自身の治療費、休業損害、逸失利益、慰謝料については、請求の一部が認容された。

認容された損害額の内訳

通院交通費 2万0400円
休業損害 97万0171円
逸失利益 1801万7130円
慰謝料 690万円
文書料 5万0250円
物的損害 67万4800円
弁護士費用 205万7000円
過失相殺 -399万9413円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談