交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

【学生】自転車に大型トラックが衝突、賠償額は約2億

認容額 1億9402万204円
年齢 22歳
性別 女性
職業 大学生(事故当時)
傷病名

右急性硬膜下血腫、頭蓋骨骨折、脳挫傷等

後遺障害等級 1級
判決日 平成19年5月30日
裁判所 東京地方裁判所

交通事故の概要

平成11年12月30日午後10時20分ころ、東京都世田谷区野沢三丁目五番先の路上において、被害者は、青信号に従い自転車に乗って横断歩道を横断していたところ、信号表示に従って進行すべき注意義務があるのにこれを怠り、対面信号が赤色を表示しているのを看過した加害者の大型貨物自動車に衝突された。

被害者の入通院治療の経過

被害者は、本件事故の結果、右急性硬膜下血腫、頭蓋骨骨折、脳挫傷等の傷害を負った。被害者は、傷害を治療するため、約2年5ヶ月もの長期にわたり入院し、治療を受けた。しかし、被害者には、事故から、約1年後に症状が固定したところ、遷延性意識障害、四肢麻痺等の後遺障害が残った。

後遺障害の内容

被害者には、遷延性意識障害、四肢麻痺等の後遺障害が残った。 
被害者は、事故による後遺障害の結果、常時介護を必要とし、車いすでの生活を余儀なくされた。また、被害者は、症状固定後も、頭部受傷の影響で硬膜外水腫、皮下膿瘍、硬膜外膿瘍などが発症し、その治療のための手術を余儀なくされ、けいれん発作の心配が絶えず、けいれん止めの投薬は現在も欠かすことができない。
このような極めて重篤な意識障害を伴う障害を負った者には、医療機関の指導によるリハビリテーションが不可欠であり、症状固定後であっても、症状の悪化を防ぎ、在宅介護を可能にする程度にまで症状を改善するための治療あるいはリハビリテーションが必要である。

判決の概要

被害者が青信号に従って自転車で横断歩道を横断中に、加害者の大型貨物自動車に衝突された事故について、被害者が、加害者及び加害者の会社に対し、損害賠償を求めて提訴した。加害者らの責任原因については争いがなく、被害者の損害額の算定に際し、交通事故による被害者の将来の逸失利益を現在価額に換算するために控除すべき中間利息は民法所定の年5分の割合によるべきであることに照らし、将来介護費用等将来の費用を現在価額に換算するために控除すべき中間利息についても同様に考えるべきであるとして将来介護費用を算出し、家屋改造費、自動車購入費、エレベータの保守点検費用、車いす購入費等について、本件事故と相当因果関係のある費用を算出し、請求を一部認容した。

認容された損害額の内訳

治療関係費 2165万163円
入院付添費 201万5000円
入院雑費 35万8972円
将来介護費 9137万6631円
逸失利益 7972万3948円
慰謝料 3306万円
看護交通費 55万8000円
家屋改造費 600万円
エレベーターの取替費用 137万9243円
エレベーターの保守点検費用 83万7026円
自動車購入費 363万2431円
車いす購入費 235万6201円
学費(事故のため大学を休学した) 23万1000円
損害のてん補 -7075万8411円
被害者の父親固有の慰謝料 330万円
被害者の母親固有の慰謝料 330万円
弁護士費用 1500万円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談