【脊柱の変形障害】赤信号で停車中に追突された事故の判例

更新日:

認容額 788万4428円
年齢 44歳
性別 男性
職業 アルバイト
傷病名

外傷性第4腰椎椎体骨折

後遺障害等級 11級
判決日 平成27年3月23日
裁判所 東京地方裁判所

交通事故の概要

平成25年5月22日午前11時25分頃、東京都杉並区南荻窪4丁目10番10号において、進路前方の赤信号により停止していた被害者の大型自動二輪車に後ろから被害者運転の普通乗用自動車が追突した。

被害者の入通院治療の経過

被害者は、本件事故により二輪車から跳ね飛ばされ、外傷性第4腰椎椎体骨折を負った。事故後は入院及び通院を行って、事故から約5か月後に症状が固定した。

後遺障害の内容

被害者は、症状固定後に後遺障害が残り、脊柱に変形を残すものとして後遺障害等級11級の認定を受けた。

判決の概要

本件事故の発生原因は、事故態様から考慮するに、加害者の過失が全てであることが明らかであるため、裁判では事故態様及び過失割合については特に争わず、被害者の損害及びその損害額が争点となった。
損害額に関する後遺障害逸失利益に関しては、後遺障害等級は11級認定を受けたが、労働能力喪失率を算定するものとしては局部に神経症状を残す等級14級程度が妥当であると判断され、約1900万円請求したが、実際に認容された金額は約170万円となった。

認容された損害額の内訳

治療関係費 20万1310円
入院雑費 2万2500円
通院交通費 6160円
休業損害 109万9710円
逸失利益 174万9140円
慰謝料 525万 円
装具代等 6万6917円
既払金等 -122万1339円
弁護士費用 71万円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

第二東京弁護士会所属。アトム法律事務所は、誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応することを使命とする弁護士事務所です。国内主要都市に支部を構える全国体制の弁護士法人、年中無休24時間体制での運営、電話・LINEに対応した無料相談窓口の広さで、迅速な対応を可能としています。