【学生】バイクがトラックに2度はねられた、後遺障害10級

更新日:

認容額 4685万7517円
年齢 19歳
性別 男性
職業 大学生(事故当時)
傷病名

左股関節の機能障害 、左膝関節の機能障害、左足大腿部及び右足大腿部の醜状障害

後遺障害等級 10級
判決日 平成23年4月13日
裁判所 大阪地方裁判所

交通事故の概要

平成18年1月20日 午前8時50分ころ、大阪市住之江区泉一丁目一番七一号の路上において、被害者の普通自動二輪車が、片側三車線の道路の最も歩道側の車線(以下「第一車線」という。)を直進進行したところ、折からその外側の車線(以下「第二車線」という。)から進入してきた加害者の大型貨物自動車に接触されて路上に転倒し、さらに、進路左前方の道路端に駐車していた大型特殊自動車の右側面部に衝突して、その衝撃で跳ね返り、加害者の車両の左後輪にひかれた。

被害者の入通院治療の経過

被害者は、本件事故で、左足(大腿)デグロービング損傷(広範囲挫滅)、左腓骨神経麻痺、左大腿異所性化骨、骨化性筋炎の傷害を負い、219日間入院し、その後168日間通院し、治療を受けた。
被害者は、事故から3年以上後に、症状固定の診断を受けた。

後遺障害の内容

左大腿デグロービング損傷に伴う左下肢の機能障害のうち、左股関節の機能障害は、「一下肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残すもの」(12級7号)に該当し、左膝関節の機能障害は、「一下肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残すもの」(12級7号)に該当する。
なお、被害者は、後遺障害のため、歩行時には杖が必要となった。

判決の概要

被害者が普通自動二輪車に搭乗して片側三車線の第一車線を走行していたところ、第二車線から進入してきた加害者の大型貨物自動車に接触されて転倒し、さらに進路左前方の道路端に駐車していた大型特殊自動車の右側面部に衝突し、その衝撃で跳ね返り、加害者の車両の左後輪にひかれた事故である。
加害者が右後方の近接した位置を走行していた被害者の車両に気付かないまま、バス及び自動二輪車を除く車両の走行が規制されていた第二車線を走行しようとした結果生じたものであり、加害者の車両が左方向指示器を点灯させていたとしても、被害者が加害者の車両を避けることは極めて困難であったとして、被害者の過失を認めなかった。

認容された損害額の内訳

治療関係費 544万3880円
入院付添費 131万4000円
入院雑費 32万8500円
通院付添費 33万8000円
将来介護費 35万7950円
休業損害 234万100円
逸失利益 3140万8364円
慰謝料 950万 円
将来の介護備品費 3万824円
症状固定前自宅介護費 85万2000円
家屋改造費 67万3140円
ベッドリース料等 125万3480円
装具代 5万1036円
通院及び通学のためのタクシー代 667万2470円
既払金の填補 -1791万2006円
弁護士費用 420万円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

第二東京弁護士会所属。アトム法律事務所は、誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応することを使命とする弁護士事務所です。国内主要都市に支部を構える全国体制の弁護士法人、年中無休24時間体制での運営、電話・LINEに対応した無料相談窓口の広さで、迅速な対応を可能としています。