交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

30歳兼業主婦、後遺障害3級で賠償額1億4700万以上認定

認容額 1億4709万2551円
年齢 30歳
性別 女性
職業 そば店の従業員(事故当時病気で休職中)/動物看護専門学校の職員等
傷病名

頸髄損傷等

後遺障害等級 3級
判決日 平成21年11月12日
裁判所 東京地方裁判所

交通事故の概要

平成15年1月26日午後18時33分頃、東京都港区元赤坂1丁目2番の首都高速4号線上り道路において、被害者車が停止中、加害者車に後方から追突された。
被害者車には、被害者女性(当時30歳)と、その夫(当時34歳)が乗車していた。
本件事故により、被害者車は、後部バンパー並びにトランク部分が凹損し、テールランプが破損した。
一方、加害者車は、前部バンパー付近が凹損し、左右のフロントライトが破損した。

被害者女性の入通院治療の経過

被害者は事故後、頸髄損傷等の傷害を負い、四肢不全麻痺等の症状が出現し、入通院をした。
合計146日間の入院、約半年間の通院を経て症状固定がされた。

被害者女性の後遺障害の内容

被害者は、四肢不全麻痺、四肢感覚障害(手・肘・肩・股・手指・膝の関節可動域制限を含む。)について、後遺障害3級3号に該当するとの認定を受けた。
※被害者女性の夫は、外傷性頚部症候群に伴う頚部痛、項部痛について14級10号の認定を受けた。

判決の概要

本件事故により四肢不全麻痺を伴う頸髄損傷という重い後遺障害を負った被害者女性の症状について、症状固定の時点において随時の介護を要する状態にあった。
それにより毎日の介護費が認められるところ、被害者女性を介護した母親は既に高齢であり、将来的には職業介護人による介助が必要となる可能性が高いことも考慮された。
したがって将来介護費の日額は、症状固定時か被害者女性の余命期間を通じて8000円とするのが相当である等として、被害者らの請求をそれぞれ一部認容した事例。

被害者女性に認容された損害額の内訳

治療関係費 1070万1215円
入院付添費 57万6000円
入院雑費 22万4500円
通院交通費 12万5730円
将来介護費 5440万9820円
休業損害 251万1131円
逸失利益 6150万1518円
慰謝料 2240万円
文書料 4万7250円
付添人交通費 43万7620円
自宅付添費 76万7000円
装具購入費 479万5843円
家屋改造費 214万7527円
車両購入費 400万円
損害填補 -3339万円
確定遅延損害金 272万7396円
弁護士費用 1312万円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談