【学生】原付がフォークリフトに衝突、左眼失明の重傷

更新日:

認容額 2320万6643円
性別 男性
職業 定時制高校生(事故当時)
傷病名

左眼失明、嗅覚脱失、骨移植による骨盤骨変形、左尺骨神経障害、外貌醜状

後遺障害等級 7級
判決日 平成14年10月28日
裁判所 東京地方裁判所

交通事故の概要

平成10年5月8日午前0時35分ころ、東京都大田区京浜島二丁目18番地13号の路上において、加害者が、トラックを駐車禁止規制のある路上に駐車させ、フォークリフトを運転して路上を横切って荷積み中、被害者は、改造した原付自転車を警察官の取締りを免れようとして高速で運転し、フォークリフト爪部が上がっていることに気付かずにトラックとフォークリフトとの間を通過しようとしたため、被害者がフォークリフトに衝突した。

被害者の入通院治療の経過

被害者は、本件事故により、左眼球破裂、右結膜裂傷、顔面多発骨折、頭蓋底骨折、歯牙破折の傷害を負い、直ちに病院に救急搬送され、緊急手術が施行された。その後一週間程度の間に数次にわたり手術がされ、約一か月後に救急センターを出た。
その後も継続して、治療を受け、平成12年7月5日症状固定となった。症状固定までの入院期間は、86日間であり、通院期間は789日間である。

後遺障害の内容

被害者には、〔1〕左眼失明(等級8級1号相当)、〔2〕嗅覚脱失(等級12級相当)、〔3〕骨移植による骨盤骨変形(等級12級5号相当)、〔4〕左尺骨神経障害(等級14級10号相当)、〔5〕外貌醜状(等級14級11号相当)の後遺障害(併合7級相当)が残った。

判決の概要

加害者らが、深夜トラックを駐車禁止場所に右側駐車させ、フォークリフトを運転して路上を横切って積荷中、改造した原付自転車に二人乗りをし、警察官の取締りを免れようとして高速でトラックとフォークリフトとの間を通過しようとした被害者の車両がフォークに衝突した事故につき、本件事故の直接的な原因として、被害者の前方不注意ないし回避措置の不適切の過失は大きなものであり、その遵法意識の欠如が本件事故をもたらした面も否定しがたいとする一方、加害者らにおいても、危険な態様での積荷作業が常態化しており、その危険性を十分認識しながら、あえてこれを継続していた等の事情があるとして、双方の過失割合を被害者50%、加害者ら50%とした。

認容された損害額の内訳

治療関係費 200万9633円
入院付添費 13万2529円
入院雑費 9万9650円
通院交通費 11万7918円
休業損害 208万円
逸失利益 5229万3207円
慰謝料 200万 円
義眼代 9万5000円
後遺障害慰謝料 1000万円
被害のてん補 -1330万7325円
弁護士費用 210万円
過失相殺 -3441万3969円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

第二東京弁護士会所属。アトム法律事務所は、誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応することを使命とする弁護士事務所です。国内主要都市に支部を構える全国体制の弁護士法人、年中無休24時間体制での運営、電話・LINEに対応した無料相談窓口の広さで、迅速な対応を可能としています。