事故で植物状態、労働能力喪失率100%とされ4千万~認定

更新日:

認容額 4623万4741円
年齢 85歳
性別 女性
職業 代表取締役等
傷病名

左脳挫傷、外傷性くも膜下出血、肺挫傷、肋骨、骨盤、右下腿の各骨折及び左顔面、左頸部、左側腹部、左下腿部の挫滅等、意識障害、呼吸及び嚥下困難並びに身体の一部麻痺等を伴う重篤なもの

後遺障害等級 1級
判決日 平成9年10月21日
裁判所 長崎地方裁判所

交通事故の概要

平成2年3月19日午後13時9分頃、長崎市魚の町4番30号先道路の横断歩道において、被害者女性が横断歩行中、折から同所を時速約35kmで進行中であった加害者運転の普通貨物自動車に衝突された。

被害者の入院治療の経過

被害者は本件事故日から合計1565日の間入院をしていた。
現在も植物状態にあるため入院中であって、今後も死亡するまで治療を続ける必要がある。

後遺障害の内容

被害者は本件事故後から現在まで植物状態にあり、事故およそ半年後に症状固定され後遺障害認定1級と該当された。

判決の概要

被害者の症状固定日以降の治療費については、肺炎等の治療に限り相当因果関係が認められる。しかし、予防については相当因果関係が認められず、被害者の各法人からの収入は利益配当の性格を有し、収入の喪失を休業損害とみることはできないとして、請求を一部認容した事例。

認容された損害額の内訳

治療関係費 642万3467円
入院雑費 28万2100円
休業損害 131万9118円
逸失利益 474万0697円
慰謝料 2500万 円
付添看護費 3194万6823円
装具代 122万1670円
損害填補 -2889万9135円
弁護士費用 420万円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

第二東京弁護士会所属。アトム法律事務所は、誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応することを使命とする弁護士事務所です。国内主要都市に支部を構える全国体制の弁護士法人、年中無休24時間体制での運営、電話・LINEに対応した無料相談窓口の広さで、迅速な対応を可能としています。