【学生】丁字路で原付の高校生と車が衝突、後遺障害4級

更新日:

認容額 4421万6382円
年齢 16歳
性別 男性
職業 高校生
傷病名

高次脳機能障害

後遺障害等級 4級
判決日 平成16年9月22日
裁判所 東京地方裁判所

交通事故の概要

平成9年11月2日午後4時ころ、東京都杉並区和泉四丁目先の路上において、交通整理の行われていないT字路交差点を直進中の加害者の普通乗用自動車と右折しようとした被害者の原付自転車が出会いがしらに衝突した事故。被害者が2人乗りであったこと、右方を十分注視しないまま本件交差点に右折進入したこと等から、過失割合を被害車70、加害車30を相当とした。

被害者の入通院治療の経過

被害者は本件事故により受傷し、病院に搬送され「びまん性脳損傷」と診断され入院し治療を受けた。その後、2度転院して、約7か月間入院して治療を受けた。退院した後も、リハビリのため、約1年間通院をした。高次脳機能障害、右同名半盲及び複視等は、改善しているものの、なお障害を残している。

後遺障害の内容

被害者の症状、特に高次脳機能障害については、症状固定時より改善している部分があるものの、なお障害を残しており、労働能力への影響が大きく減ぜられたとまでの評価はできない。
そして、被害者の現状は、一般人に比較して作業能力が著しく制限されており、就労が制限されること、就労後も職場の理解と援助が必要であることから、その程度は後遺障害別等級表第5級2号が相当であるといえる。
また、被害者には、物が二重に見える、視野が狭いという症状が現存しており、右同名半盲及び複視の後遺障害は改善されているとはいえない。同障害は、「一眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの」として13級2号、複視は12級相当であるとみることができる。
よって、原告の後遺障害は、併合4級程度とみるのが相当である。

判決の概要

被害者が運転する原動機付自転車が信号機によって交通整理のなされていない交差点に進入して右折しようとしたところ、加害者が運転する普通乗用自動車が右方から直進してきたため、被害者の原動機付自転と加害者の車が衝突した事故。被害者は右方を十分注視しないまま本件交差点に右折進入した過失があることから、7割の過失相殺を認めた。

認容された損害額の内訳

治療関係費 278万5186円
入院付添費 274万円
入院雑費 28万500円
通院交通費 1万円
将来介護費 1381万8316円
逸失利益 9370万5433円
慰謝料 350万 円
装具代 1万5760円
損害のてん補 2169万945円
確定遅延損害金 387万1156円
弁護士費用 180万円
過失相殺 -9348万1635円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

第二東京弁護士会所属。アトム法律事務所は、誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応することを使命とする弁護士事務所です。国内主要都市に支部を構える全国体制の弁護士法人、年中無休24時間体制での運営、電話・LINEに対応した無料相談窓口の広さで、迅速な対応を可能としています。