事故による脊柱の変形障害で損害賠償認容額が約3千万円の判例

更新日:

認容額 2810万6245円
年齢 32歳
性別 男性
職業 消防員
傷病名

第1腰椎圧迫骨折

後遺障害等級 11級
判決日 平成19年6月22日
裁判所 名古屋地方裁判所

交通事故の概要

平成16年11月8日午前8時9分頃、名古屋市中村区東宿町2丁目114番地にある交差点において、加害者が運転する普通乗用自動車が本件交差点を右折しようとした際に、対向方向から同交差点を直進しようとした被害者運転の原動機付自転車の右側面に衝突した。

被害者の入通院治療の経過

被害者は、本件事故により路上に転倒させられ、第一腰椎圧迫骨折等の傷害を負った。事故後は11日間の入院と約11ヵ月の通院を行って症状が固定した。

後遺障害の内容

被害者は本件事故により、第1腰椎に障害が残り、「脊柱に変形を残すもの」として後遺障害11級7号に該当するとの認定がなされた。

判決の概要

本件事故の裁判では、過失相殺及び被害者の損害額についてが争点となった。
事故直前の状況を考慮した結果、被害者は、加害者車両が右折してくる事態を全く予想しえないものではなく、被害者にとって本件事故の回避可能性がなかったものとまではいえないことから、被害者に過失相殺すべき過失は1割あると判断された。
被害者自身の治療費、逸失利益、慰謝料等については、請求の一部が認容された。

認容された損害額の内訳

治療関係費 3万5306円
入院雑費 3万3500円
逸失利益 2282万3163円
慰謝料 560万 円
弁護士費用 256万円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

監修者


アトム法律事務所

代表弁護士岡野武志

詳しくはこちら

第二東京弁護士会所属。アトム法律事務所は、誰もが突然巻き込まれる可能性がある『交通事故』と『刑事事件』に即座に対応することを使命とする弁護士事務所です。国内主要都市に支部を構える全国体制の弁護士法人、年中無休24時間体制での運営、電話・LINEに対応した無料相談窓口の広さで、迅速な対応を可能としています。