【醜状障害】損害賠償認容額が1200万円を超えた判例

認容額 1241万8549円
年齢 27歳
性別 女性
職業 ホステス
傷病名

頭部外傷、外傷性くも膜下出血、顔面・口唇裂傷、左耳介の欠損、左閉瞼障害、左橈・尺骨骨幹部骨折、右示指・中指屈筋腱損傷

後遺障害等級 6級
判決日 平成20年2月13日
裁判所 名古屋地方裁判所

交通事故の概要

平成13年4月25日午前4時頃、名古屋市中区栄4丁目21番にある道路において、被害者は加害者運転の普通乗用自動車に同乗していたところ、直進してきた第三者運転の事業用大型貨物自動車と右折しようとした加害者車両とが衝突した。

被害者の入通院治療の経過

被害者は、本件事故により頭部外傷等の傷害を負った。事故後は38日間の入院と約2年2ヵ月の通院を行って症状が固定した。

後遺障害の内容

被害者は、頭部外傷後の症状につき後遺障害等級9級に、左顔面瘢痕については後遺障害等級7級、そしゃく障害・開口障害については後遺障害等級12級などの数多くの後遺障害を負っており、それらを考慮した結果、後遺障害併合6級の認定を受けた。

判決の概要

本件事故の裁判では、被害者の損害額及びそれに関する好意同乗減額についてが争点となった。
被害者と加害者の関係はホステスとそのお客という関係であること、一緒に食事をするために被害者が加害者を呼び出したこと、本件事故前に被害者が飲酒したことを認めるに足る証拠はないが、加害者は飲酒しており、また被害者は加害者が飲酒していることを認識したうえで家まで送ってもらうために加害者の運転する加害者車両に同乗していたこと、これらの事情を考慮した結果、好意同乗減額として全損害額の15%を減額するのが相当であると判断された。

認容された損害額の内訳

治療関係費 404万6256円
入院付添費 20万9000円
入院雑費 4万9400円
休業損害 742万1266円
逸失利益 3593万4382円
慰謝料 1230万円
既払金 -3939万7709円
弁護士費用 85万円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談