【高齢の主婦】被害者に過失があったが賠償金4000万~認定

認容額 4144万6203円
年齢 73歳
性別 女性
職業 主婦
傷病名

脳挫傷、右急性硬膜下血腫、頭蓋底骨折及び後頭骨骨折等

後遺障害等級 1級
判決日 平成23年4月25日
裁判所 大阪地方裁判所

交通事故の概要

平成17年3月2日午後18時50分頃、大阪府豊中市走井1丁目21-27付近の信号機による交通整理の行われていない本件交差点において発生。
南西から北東に向かう道路を横断中の被害者車両と、南東から北西に向かう優先道路を直進してきた加害者車両とが衝突した。

被害者の入通院治療の経過

被害者は本件事故により、脳挫傷、右急性硬膜下血腫、頭蓋底骨折及び後頭骨骨折等の傷害を負い、約1年6か月の入院を経て症状固定された。

後遺障害の内容

被害者には、本件事故の結果後遣障害が残存し、後遺障害1級1号に該当すると認定した。

判決の概要

原告の将来の治療費を算定するに当たっては、月額50万円とみるのが相当であるとし、口頭弁論終結時までの治療費については、別途計上されていることに照らせば、将来の治療費は、口頭弁論終結時から平均余命に相当する期間の範囲で賠償が認められるべきであり、口頭弁論終結時の原告の年齢は77歳であることが認められる。このことからすれば、13年間の範囲で賠償が認められるべきである等として、原告の請求を一部認容した事例。

認容された損害額の内訳

治療関係費 334万4113円
入院雑費 139万2000円
休業損害 722万8992円
逸失利益 1773万7606円
慰謝料 3230万円
損害填補 -513万5551円
付添看護費 135万7911円
症状固定後の治療費 5698万9800円
症状固定後の入院雑費 593万3640円
物損費 8万円
保険金既払い -2014万8308円
弁護士費用 350万円
過失相殺 -6323万0061円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談