過失25%の自転車死亡事故で賠償認容額2500万円超の判例

認容額 2578万3265円
年齢 68歳
性別 男性
職業 不明
傷病名

左急性硬膜外血腫、多発性外傷

判決日 平成25年12月20日
裁判所 東京地方裁判所

交通事故の概要

平成22年8月19日午後1時03分頃、東京都葛飾区高砂5丁目38番にある道路において、加害者が運転する普通貨物自動車と被害者が運転する自転車と衝突した。

被害者の事故後の経過

被害者は、本件事故により路上に転倒して多発性外傷等の傷害を負い、すぐに救急搬送され治療されたが、事故から約4日後に外傷性くも膜外血腫で死亡した。

判決の概要

本件事故の裁判では、事故の態様及び過失相殺並びに被害者の損害及びその損害額についてが争点となった。
被害者側の道路では事故の発生現場である交差点に進入する際に一時停止規制があるところ、被害者が一時停止したことを認めるに足りる証拠はないとして、また事故が横断歩道上で起きたことも勘案した結果、被害者に過失相殺すべき過失は25%あると判断された。
損害額については被害者自身の治療関係費、葬儀費用、逸失利益、慰謝料等の請求が一部認められ、かつ、被害者遺族固有の慰謝料についても請求の一部がみとめられた。

認容された損害額の内訳

治療関係費 182万1929円
入院雑費 7599円
休業損害 3万8225円
逸失利益 1508万2642円
慰謝料 2410万円
葬儀費用 150万円
弁護士費用 234万円
過失相殺 -1013万7347円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談