歩行者事故で後遺障害3級、損害賠償認容額は1億円超!

認容額 1億0014万2660円
年齢 30歳
性別 女性
職業 医療事務員
傷病名

左前頭葉脳挫傷、左肩打撲、頭部挫創

後遺障害等級 3級
判決日 平成25年12月25日
裁判所 東京地方裁判所

交通事故の概要

平成20年8月4日午後5時30分頃、神奈川県座間市入谷4丁目1881番地にある信号機等により交通整理の行われていない交差点において、加害者が普通乗用自動車を運転し本件交差点を右折進行しようとした際に、横断歩行中の被害者に加害者車両前部を衝突させた。

被害者の入通院治療の経過

被害者は、本件事故により路上に転倒し、頭部挫創等の傷害を負った。事故後は約5ヵ月の入院と約2年の通院を行って症状が固定したが、後遺障害が残った。

後遺障害の内容

被害者は、後遺障害等級認定の結果、高次脳機能障害の後遺障害が残っており、平均余命の間家族による声かけと見守りを中心とする介護の必要があると判断され、後遺障害3級の認定を受けた。

判決の概要

本件事故の裁判では、過失相殺、被害者の損害及びその損害額についてが争点となった。
被害者に関しては、本件事故発生場所付近の道路状況に鑑みると、車道を横断するに当たり、自動車の有無及び動静に注意すべき注意義務を違反した過失があるとして、被害者に過失相殺すべき過失は5%あると判断された。
被害者自身の治療関係費以外にも、逸失利益、休業損害、慰謝料等の請求は一部認められた。

認容された損害額の内訳

治療関係費 413万7013円
入院付添費 304万5000円
入院雑費 24万7500円
通院交通費 9430円
将来介護費 2729万9810円
休業損害 530万0632円
逸失利益 4624万8856円
慰謝料 2240万円
文書料 2万2700円
弁護士費用 910万円
過失相殺 -543万5547円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談