被害者遺族の請求額が約8割程認容された歩行者死亡事故の判例

認容額 6172万0720円
年齢 6歳
性別 不明
職業 小学生
傷病名

多発性頭蓋骨骨折、びまん性脳浮腫

判決日 平成27年1月20日
裁判所 大阪地方裁判所

交通事故の概要

平成24年5月14日午後3時7分頃、大阪市中央区玉造2丁目3番27号にある歩道において、加害者が運転する普通乗用自動車は本件歩道を横断して路外施設に進入しようとした際に、同歩道上を歩行していた被害者に気づかず、そのまま進行させ車両の右前部を被害者に衝突させた。

被害者の事故後の経過

被害者は、本件事故により路上に転倒させられ車輪の右前輪で轢かれたため、多発性頭蓋骨骨折等の傷害を負い、事故から約2時間後びまん性脳浮腫により死亡した。

判決の概要

本件事故の裁判では、当事者の間で被害者に過失相殺すべき過失はないということで合意が得られているため、過失割合については争わず、被害者自身の損害及びその損害額についが争点となった。
損害額については、被害者自身の葬儀費用、逸失利益、慰謝料、仏壇代及び被害者遺族固有の慰謝料等の請求は約8割ほどが認められた。

認容された損害額の内訳

逸失利益 2629万9900円
慰謝料 2700万円
葬儀費用 200万円
仏壇代 67万1417円
その他 13万8439円
弁護士費用 561万0974円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談