交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

被害者が高齢のため過失なし、賠償額5300万以上認定!

認容額 5375万6909円
年齢 80歳
性別 男性
職業 医院内の日常清掃業務
傷病名

外傷性くも膜下出血、脳挫傷、外傷性脳内出血、全身打撲、顔面口腔内挫創等

後遺障害等級 1級
判決日 平成17年8月26日
裁判所 名古屋地方裁判所

交通事故の概要

平成14年5月27日午後16時10分頃、名古屋市昭和区白金1丁目16番7号先路線上の交差点において、横断歩行中の被害者に対し、本件交差点を右折しようとした加害者が運転した車が衝突した事案。

被害者の入院治療の経過

被害者は本件事故からら現在まで継続して入院して治療を受け、回復の見込みはない。

後遺障害の内容

被害者は、外傷性くも膜下出血、脳挫傷、外傷性脳内出血、全身打撲、顔面口腔内挫創等の傷害により、後遺障害等級1級1号に認定された。

判決の概要

加害車両運転者に著しい前方不注視の過失があったとして100%の過失を認めるとともに、仮に被害者が横断歩道の外側を横断していたとしても、被害者の年齢(事故当時79歳)を考慮し過失割合の判断に変更はないとした事例。

認容された損害額の内訳

治療関係費 553万6482円
入院付添費 147万6000円
入院雑費 51万9000円
将来介護費 606万3672円
休業損害 161万7534円
逸失利益 425万5560円
慰謝料 3075万円
将来の治療費 314万3307円
将来の入院雑費 303万1863円
既 払金 -553万6482円
弁護士費用 290万円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談