交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

専業主婦、転換性障害と事故に因果関係あり。2800万~認定

認容額 2848万3125円
年齢 66歳
性別 女性
職業 専業主婦
傷病名

頭部打撲、腰椎捻挫、頸椎捻挫、右膝打撲及び右足関節打撲

後遺障害等級 5級
判決日 平成23年3月29日
裁判所 大阪地方裁判所

交通事故の概要

平成20年4月21日、大阪市西区江戸堀3丁目6番33号先路上において、タクシーが急ブレーキを踏んだため、そのタクシーの後部座席に乗車していた被害者が傷害を負った事件。

被害者の入通院治療の経過

被害者は本件事故が発生した直後に診察を受け、救急搬送をされた。
頭部打撲、腰椎捻挫、頸椎捻挫、右膝打撲及び右足関節打撲を負ったとの診断を受け、約20日入院治療を受けた。
その後、現在に至るまで通院治療を継続している。

後遺障害の内容

被害者は、頭部打撲、腰椎捻挫、頸椎捻挫、右膝打撲、右足関節打撲の傷害を負い、転換性障害により右下肢機能全廃として、後遺障害5級相当が認められた。

判決の概要

被害者は、症状固定時の年齢が66歳であり、残存している後遺障害が5級に相当することからすれば、労働能力喪失期間は11年間であり、労働能力喪失率は79パーセントとされるべきであるとされた。
後遺障害等慰藉料については、被害者の後遺障害が5級に相当すること等から、被害者の後遺障害等を理由とする慰藉料は、1450万円が相当である等として、被害者の請求を一部認容した事例。

認容された損害額の内訳

治療関係費 21万5810円
通院交通費 32万2750円
休業損害 789万1122円
逸失利益 1771万895円
慰謝料 1670万円
装具・器具関係費 29万1542円
車椅子費 56万0799円
素因減額 -1747万7167円
損害填補 -32万2000円
弁護士費用 258万9375円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談