交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

高齢者-死亡前の後遺障害慰謝料を含め3500万円以上の認定

認容額 3573万1282円
年齢 89歳
性別 男性
職業 無職
傷病名

外傷性脳内出血、てんかん、硬膜下水腫、脳挫傷等

判決日 平成20年2月5日
裁判所 神戸地方裁判所

交通事故の概要

平成15年5月7日午後5時20分頃、兵庫県加西市北条町西高室550-1先道路を、被害者が乗車していた足踏み式自転車の後方を、加害者が普通乗用自動車を運転し走行していた。
加害者は、被害者の自転車の後部に車の左側前部を追突させて、被害者を車のボンネットに跳ね上げた上、前方道路上に落下転倒させた。

被害者の事故後の経過

被害者は、本件事故により、外傷性脳内出血、てんかん、硬膜下水腫、脳挫傷等の傷害を負った。
その後、約1年の入退院をし、特別養護老人ホームにも548日入所し(医療機関への入院との重複を含む)、死亡した。

判決の概要

まず、本件事故においては、被害者に損害の額について斟酌すべき過失はないとし、本件事故と被害者死亡との間の相当因果関係をみると、意識障害、四肢麻痺等の頭部外傷後遺症により全身状態が悪化して死亡したのではないかとの疑問もないわけではない。
だが、本件事故ないし頭部外傷後遺症を直接ないし間接の死亡の原因とする医学的な見解が示されていないこと、本件事故からBの死亡まで2年2か月以上経っていることに照らすとこれを否定的に考えざるを得ないとし、特別養護老人ホーム等への入院についても介護のために必要な処置であったとして同入所費用も本件事故と相当因果関係のある損害であると認定して、被害者側らの請求を一部認容した事例。

認容された損害額の内訳

治療関係費 147万1082円
入院雑費 47万0200円
慰謝料 3080万円
弁護士費用 300万円

※その他、既払い額や損益相殺がなされ、判決認容額となります。

上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINEアカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談