交通事故の解決実績

左鎖骨遠位端骨折の増額事例

12

左鎖骨遠位端骨折

60代男性高齢者

傷病名:左鎖骨遠位端骨折

後遺障害等級:12級5号

最終回収金額:390万円

129万増額! 261万円 390万円

弁護士費用特約があれば弁護士費用が差し引かれる心配なく、手取り額の大幅な増額に期待ができます。

ご相談から1.5か月でのスピード解決!

15か月 1.5か月
事故発生 弁護士依頼
示談交渉開始
示談成立

相手方の提示額の妥当性について、どのポイントを主張して増額を達成したか解説しています。

担当弁護士のコメント

大阪支部川崎聡介弁護士

事件番号:大2016-108

今回のケースでは、ご相談の段階で後遺障害等級が既に認定済でしたが、慰謝料などの金額に増額の余地がありました。
当初の提示額は、261万円でしたが、適正な補償額まで増額されるよう弁護士が交渉した結果、後遺障害等級は12級のままであるにも関わらず、最終的な受取金額は390万円まで増額されました。

アトムに寄せられたお客様の声

今度は大変お世話になりました。良かった点として、弁護士の先生を相手に我々素人は相談をもっていきにくいという意識がありましたが、ラインを通じて相談・質問が出来たという事が大きいと思いました。また初めてのご相談の時、わざわざ遠い所を、ご来訪頂き、顔をつき合わして話を聞いて頂いたのも大変ありがたかったです。...

※当ページの事件とは別のお客様の声です

関連した脊柱・体幹骨の解決実績をみる

関連した12級の解決実績をみる

他の解決実績をさがす

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談