交通事故の解決実績

腓骨骨折、肋骨骨折の増額事例

14

腓骨骨折
肋骨骨折

40代女性会社員

傷病名:腓骨骨折、肋骨骨折、右膝内側靱帯損傷、足関節内側靱帯損傷

後遺障害等級:14級9号

最終回収金額:278万円

112万円増額! 166万円 278万円

弁護士費用特約があれば弁護士費用が差し引かれる心配なく、手取り額の大幅な増額に期待ができます。

ご相談から6か月の弁護活動!

15か月 6か月
事故発生 弁護士依頼
示談交渉開始
示談成立

相手方の提示額の妥当性について、どのポイントを主張して増額を達成したか解説しています。

担当弁護士のコメント

大阪支部川崎聡介弁護士

事件番号:大2017-092

今回のケースでは、ご相談の段階で後遺障害等級が既に認定済でしたが、慰謝料などの金額に増額の余地がありました。
当初の提示額は、166万円でしたが、適正な補償額まで増額されるよう弁護士が交渉した結果、後遺障害等級は14級のままであるにも関わらず、最終的な受取金額は278万円まで増額されました。

お客様の声

tegami

今回は世話になりありがとうございました。先生に入って頂いたお陰で、相手方より提示されていた金額よりも上乗せされてよかったです。事故で怪我をして、今も痛みはあり、元の体には戻れないので、賠償金をもらうしかなかったのですが、相場も分からず、先生に入ってもらわなければ最低限の保証しかしてもらえなかったんだと思いました。私も忙しくあまり連絡はしませんでしたが安心して任せられました。本当にありがとうございました。

関連した下肢の解決実績をみる

関連した14級の解決実績をみる

他の解決実績をさがす

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談