歩行者

被害者遺族の請求額が約8割程認容された歩行者死亡事故の判例

平成24年5月14日午後3時7分頃、大阪市中央区玉造2丁目3番27号にある歩道において、加害者が運転する普通乗用自動車は本件歩道を横断して路外施設に進入しようとした際に、同歩道上を歩行していた被害者に気づかず、そのまま進行させ車両の右前部を被害者に衝突させた。

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談