脊柱の変形障害

【バイクと自転車】脊柱の変形障害を負った過失0割の事故判例

平成20年4月7日午前6時35分頃、東京都練馬区中村北1丁目1番にある信号機により交通整理の行われている交差点において、加害者運転の普通自動二輪車が本件交差点を黄色信号を無視して直進する際、横断歩道を青色信号ンに従って横断していた被害者が乗っている自転車に衝突した。

ひがい

交通事故による脊柱の変形障害、認容額が3千万円を超えた判例

平成19年10月25日午前8時30分頃、川崎市幸区南加瀬2丁目37番10号にある信号機により交通整理の行われている交差点において、加害者運転の自家用普通乗用自動車が本件交差点を右折進行する際に、対向車線を直進してきた被害者運転の普通自動二輪車と衝突した。

75歳女性、脊柱の変形障害による後遺障害7級の事故判例

平成23年1月22日午後2時15分頃、東京都調布市小島町3丁目69番地の道路において、被害者が横断歩行しようと第一車線に停止されている車両の間から第二車線に出たところ、第一車線から第二車線に進路を変更して走行してきた加害者運転の普通乗用自動車と衝突した。

過失1割の交通事故で、脊柱障害を負ったときの判例

平成14年9月3日午後2時30分頃、横浜市神奈川区反町4丁目27番地にある交差点において、加害者の自家用普通貨物自動車が一停止規制を怠り本件交差点を進行しようとした際に、加害者車両の左から交差するように進行してきた被害者運転の自家用原動機付自転車に衝突した。

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談