死亡事故

無免許運転での同乗者死亡事故。認容額約1500万円の事例。

本件事故は、平成24年5月18日午後11時20分ころ、新潟県新潟市内において発生した。加害者が、公安委員会による運転免許を受けないで自動車を運転し、漫然時速約100kmで、右に湾曲する道路を進行中、加害車両を右斜め前方へ暴走させ、加害車両の前輪を道路右側の土留めに衝突させて加害車両を横転させ、加害車両後部を看板に衝突させ、加害車両に同乗していた被害者に傷害を負わせ,搬送先の病院で死亡させた。

【死亡】遺族2名への認容額が、合計で約3000万円の事例

本件事故は、平成23年11月21日午後2時10分頃、東京都板橋区において発生した。事故現場は、信号機により交通整理の行われている十字路交差点南側出口に設けられた自転車横断帯上の場所である。加害者は、車を運転し、上記交差点を右折して徳丸方面に向かって進行したところ、加害者の車前部を被害者運転の自転車に衝突させ、被害者を路上に転倒させた。

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談