自転車

請求額の約9割が認容され、賠償金額6千万円超の死亡事故判例

平成26年1月15日午前11時15分頃、東京都江東区青梅1丁目1番にある信号機により交通整理の行われていない交差点において、加害者が運転する事業用大型貨物自動車は本件交差点を青信号に従い左折しようとした際に、自動車横断帯を直進する自転車を先に通過させて再度左折を開始したところ、通過した自転車に続いて進行していた被害者運転の自転車と衝突した。

4842400

自転車死亡事故、遺族の慰謝料も認められ総額7千万円超の判例

平成23年9月25日午後10時39分頃、旭川市永山町2丁目119番地にある信号機により交通整理の行われている交差点において、加害者運転の普通乗用自動車は赤色信号であったにもかかわらず本件交差点を進入した際、その交差点の出口に設置された横断歩道を青色信号に従って走行していた被害者運転の自転車に衝突した。

過失2割の自転車死亡事故で損害賠償認容額が約7千万円の判例

平成25年4月24日午前9時29分頃、東京都大田区仲池上2丁目21番にある信号機等により交通整理の行われていない交差点において、加害者の運転する中型貨物自動車が本件交差点に長身進入したところ、右方の交差道路から直進進入してきた被害者の自転車と衝突した。

受領保険金の約7倍の損害賠償額が認容された自転車事故の判例

平成23年11月21日午後2時10分頃、東京都板橋区高島平1丁目41番にある信号機により交通整理の行われている交差点において、加害者は大型乗用自動車を運転し、本件交差点を右折して徳丸方面に向かって進行したところ、加害者の車両前部を被害者運転の自転車に衝突させた。

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談