醜状障害

29歳男性、醜状障害による後遺障害11級で1千万円超認容

平成18年10月15日午前1時25分頃、東京都渋谷区富ヶ谷2丁目1番にある信号機により交通整理の行われている交差点において、加害者運転の事業用普通乗用自動車が本件交差点を右折したところ、折から対向車線を直進進行してきた被害者運転の普通自動二輪車と衝突した。

【外貌醜状痕】後遺障害11級で、既払金額の約3倍が認容!

平成10年10月31日午前0時5分頃、東京都長牛深大寺北町1丁目12番地にある信号機等により整理の行われていない交差点において、被害者が自転車を運転し直進させようとしていたいたところ、交差するように本件交差点を直進してきた加害者運転の普通貨物自動車に右方から衝突された。

醜状障害を負った過失2割の原付事故、1700万円超が認容!

平成8年11月2日午前8時15分頃、大阪府守口市佐太東町2丁目7番18号の路上において、加害者運転の普通乗用自動車が本件道路を走行中、路外の駐車場へ出ようとして、渋滞中であった反対車線の車列の間を右折した際、同車線を直進走行していた被害者運転の原動機付自転車に衝突した。

【醜状障害】既払保険金の1.5倍超の賠償額が認容された判例

平成15年5月15日午前8時55分頃、東京都江東区亀戸3丁目51番先にある信号機により交通整理の行われている交差点において、本件交差点を左折進行しようとした加害者運転の事業用大型貨物自動車と、横断歩道により本件交差点を直進進行しようとした被害者運転の自転車が衝突した。

あわせて読みたい

はじめよう、LINEで弁護士に無料相談